Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

ロバート・パティンソンらComic Con 2013 記者会見フルチェキPart.2
―Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Press Conference - Part.2ー

Comic Con 2012 :映画「トワイライト・サーガPart.2」記者会見フル動画-part.2(2/3)

Comic Con 2012 での映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」記者会見全般に渡るの様子を、Clevver TVより3分割で配信された動画を使って紹介しています。今回はPart.2です。('既に紹介している内容も一部あります。)


Youtube ≫Link ()



Full Breaking Dawn Part 2 Press Conference from Clevver TV - Part.1

ClevverTV



Interviewer:私は日本から来ました。日本にもロブの大きなファンクラブがあることはご存じでしょう?
さて、エドワードは世界で最も有名なヴァンパイアーとなりました、と同時にあなたも、世界で一番ホットでセクシーな俳優となりましたね、あなたとエドワードにはどこか共通点がありますか?
Rob:
質問をもう一度お願いします。
Interviewer:エドワードとあなたに似ているところはありますか?
Rob:ん〜(返答に悩みながら)
Taylor:僕この返事がたのしみだなぁ。
Kristen:質問は、エドワードとロブの共通点だったわよね?
Rob:何かあるかなぁ。(クリステンの方を向いて)どう思う?
Kristen:さぁー、何か見つけて。
Rob:今となってはもう見つけるのが難しくなってきたなぁ、最初にステファニー(メイヤー)に会った時、エドワードだったらどういう方向性で考えるかとかそんなことをずーっと議論したんだ。
Stephenie:そう、最初に会った時に、ロブとはエドワードがどう考え、どう感じるかを散々議論したの。とても面白かったわ。



Rob:そうそう。でも、その後3作品撮ったら、もう、自然と彼の事が体に入ってくるようになっていて、どこまでが自分でどこからエドワードが入ってきているか、正確には分からなくなっちゃったんだ。だから、ヴァンクーヴァーでの撮影中に、「エドワードだったらそんなことしないよ」と思うことが何度かあった、でも、理由は?と聞かれても答えられないかも。なぜなら、僕ならそうしないから、かな。(笑)


-
Interviewer:まだ最終章が公開されていないのに話題になるのもおかしいかもしれませんが、トワイライトに続編ができるかもという噂があります。もし続編ができたらどう思いますか?そして、あなた方が作り上げたキャラクターのイメージを別の人が演じるとしたら、どう思うでしょうか?
Rob:
とっても嬉しいと思うよ、僕なら見たいな。
Taylor:そうだね、興味深いよ。
Rob:まぁ、僕はその話を台無しにしちゃうかもしれないけどね。エドワード役の人はかわいそうだと思うよ、僕がめちゃくちゃにしちゃうから。きっと嘆願書を書いて抗議する!(笑)
Kristen:でも、良かったと思うのは、これが最終章で、もう次が(今のところ)ないということかな、と思うわ。私たちは、もうこれでこのシリーズはおしまい、と思えるもの。ベラを演じてきた内輪の人間としてね。でも何か新しい動きがあったとしても、それはその人たちに任せて私たちはとやかく言いたくないわね。その人たちが独自の解釈でやればいい。映画の最後に、とても充実し、心温まる、それにふさわしいエンディングがあればいいのよ。でも、私はそんな話はいらないと思わ、でも否定もしない!。もし、できたら、きっととても興味深く見ると思う!。


(ここでロブの突込・・・ホントかよ〜とか?笑)

Stephenie:20年後の姿、とかとても興味があるわね。でも、次に演じる人たちがいたとしたら、彼らはとても苦労するでしょうね、だって、きっと難しいでしょうから。そんな話ができたら、とても面白いと思うけれど、演じるのはとても難しいだろうと思うわ、全く同じという訳にはいかないし。ベラの視線からの話はもうこれで語られたわ。完結。以前に、ヴァンパイアーの事しかもう書けないと思っていた頃、レネズメを創ったんだから。私は、ナレーター役を作り上げたの。でも、20年後の姿、それはまだ余地があるわね。
Rob:じゃあ、例えばベラとエドワードが離婚して、「Mr and Mrs Smith」
みたいなかんじになっちゃった、ってどう?
Stephenie:じゃぁ、その中で誰が生き残るの?



Rob:そうなんだよ、みんな不死なんだから。
Kristen:でも誰か死ななくっちゃ、私なら、あなたの頭をちょん切れるわよ。
Stephenie:私はベラが生き残る に賭けるわ。
Rob:(遠い目をしながら)そっかー、
Kristen:じゃぁ、どういうストーリー展開になるっていうのよ!(一同笑)


-
Interviewer:ロブ、四年前のコミコンで、あなたがホールHに入って来たとき、あのファンの熱狂に鳥肌が立つ思いをしたことでしょう。当時と今回のコミコン、どんな風に変化がありましたか?
Rob :
そうだね、最初のコミコンでは、ただただあの熱狂に驚くばかりだった。それまでにこんな大勢の人に囲まれるということは経験したことがなかったから。でも不思議なことに、そんなことにもすぐ慣れてしまうんだよ、変なんだけど。特にトワイライトファンの前ではそれ向けの自分の一面みたいなものが育って、その面を出して歩いていれば大丈夫な気持ちになる。そんな自分の中でのムードの変換スイッチができたような。でも、コミコンはとても楽しいよ。6千人ものファンの前に立つ、それはまるで大きなプレミアの一つのよう、ロスのプレミアには1万人くらい集まってくれるよね、あっちは、自分に向かって叫ぶ人たちの霧の中を歩いて進むってイメージがある。でも、コミコンでは、質疑応答があるから、もっとテレビ番組のような、人との交流がある、面白い場だよ。プレミアは、なんだかマラソンで駆け抜けているそんなイメージ。



Interviewer:ファンの皆さんはこの映画がどのような結末を迎えるか、もう既に原作を読んだので知っている人が多いでしょう。映画化するにあたって原作に沿いながらも付け加えた、感情や表現方法があったと思いますが、どんな部分でしたか?
Stephenie:
ビル・コンドン監督は、人生に起こる素晴らしい出来事に対して人が感じる感情を拾うのが本当に上手。Breaking Dawn Part.1では本当にうまく表現してくれたと思います。人間の感情をとても上手に拾ってくれた、それはこの作品にも通じています。本当に、上手く表現してくれたと思います。



Kristen:
失礼に聞こえないといいと思うけど、ビル(コンドン監督)はこの作品の締めくくりを本当にかっこよく決めてくれた。みんなが物語の最後をしっている、っていうのが本当に残念だと思うわ。でもビルは、この四作目の原作本の映画化にピッタリの監督だった、二分割になってもね。ベラはヴァンパイアーになったの。人間の頃に持っていた部分はもうすっかりなくなったのよ。このストーリーを演じるのに、ベラの人柄が常に柱となっていたから、いつもある意味緊張していたのよ。でも、ヴァンパイアーになった今はもうその垣根を外していいの、ちょっと大変かと思ったけどね。何か人間らしさを残して演じるべきかと思っていたから、それは大変だなぁとおもっていたの。でも、ビルはそこをうまく演出してくれた。私たち、本当にうまく作ったと思うわ!最後のシーンは、本当に感情的になってしまうと思うわ、一番最後のシーンよ。もう四回見たけれど、毎回涙が出てしまうの。本当に素晴らしい出来よ。



Interviewer:このシリーズの作品にはどれもアクションシーンがありますが、PG-13のレイティングに合うように調整をしたのでしょうか?それから、演じるに当たり、身体的に苦労した面はどんなところでしたか?
Stephenie:
クリステン、あなた何本かの作品で、親指を固定してたわよね。
Kristen:私は本当に親指の運が悪いの。なんだか、親指が連れてくるような気がするわ。嫌になっちゃう!今でも痛いのよ。左右どちらもの親指は変な形になってしまったわ。
Taylor:でも、ちゃんと演じたんだよね。



Kristen:そうよ。アクションシーンの撮影に入ると大体すぐに親指をけがするの、だから唸り声はだいたい本物と思っていいわ。(笑)身体的には、この作品が最もたいへんだった、例えばベラが部屋に歩いてくる様子も今までとは全く違うのよ。1マイル1秒の速さで進むとしたら…何事も迷うことなく進むと思うわ。どんな行動も、行き先がもう見えているの。他のみんなのヴァンパイアー姿はもうずいぶんの期間見せてもらっていたけど、そこからあれを取り入れ、これを取り入れとさせてもらえたのはラッキーだったけど、演じるのは大変だったわ。初めてヴァンパイアーのベラを演じる日、ステファニー(メイヤー)に「ねぇ、ステファニー、風鈴のようにしゃべるっていったいどんな声でしゃべればいいのよ!?そんなことできるわけないじゃない!」ってね、これは本当に大変だった。こんな出来事一つ一つが大変だったの。だって、私風鈴のような声、もともとしていないから!



Interviewer:これだけ長い期間このシリーズを続けてきて、この作品がどうしてここまでの爆発的人気を生み出したか、理由が分かりましたか?
Stephenie:
私にはまだ分からないわ。
Kristen:本当にごめんなさい。今ロブが話しかけてくるもんだから、あなたの質問、全く聞いていなかったの。
Stephenie:質問は、この作品の人気の理由は分かりましたか?ですって。私は分からないわ。だって、毎回ファンの皆さんの数に驚かされるくらいだから。



Taylor:ぼくは、ステファニー(メイヤー)がとても努力をしてくれたからだと思ってるよ。僕はこの質問には答えられないけど、でもこの人気の元は、彼女が作り上げた世界である原作にあると思うんだ。そこから全てが始まったわけだからね。僕らキャストは、この素晴らしい世界を舞台に演じることができたことに感謝しているよ。そして、ファンの皆さんがこのシリーズにハマッたそもそもの理由は描かれた原作だった。ファンの皆さんがどうしてここまでハマってしまったのか、それはまだ分からない。でも、原作、そこがこのシリーズの原点だってことは分かるよ。
Kristen:私はこのシリーズにハマってしまったの、と同時に私の個人的な経験ともこの映画は重なる。私が演じることを見ながら、まるで自分の身の回りに起こっているように感じ、共感してくれる人もいる、そうやってこの作品に対するプラスのエネルギーがどんどん集まって来るの。それはまるで引火するかのごとく、広がるわ。あなたの好きなことが友達も同じく好きだったら、それだけで、好き以上の大好きに変わるでしょ、それは二人でその思いを共感しているから。きっと、ファンの皆さんは原作にある愛に共感して集まってくれているのかも…でも、そうやって火が少しずつ点いてそれが集まると、凄い力を発揮するものなのね。


-
| source [ClevverTV] via [RPLife] Thanks | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.16 Monday..Time- 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ロバート・パティンソンらComic Con 2013 記者会見フルチェキPart.1
―Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Press Conference - Part.1ー

Comic Con 2012 :映画「トワイライト・サーガPart.2」記者会見フル動画-part.1(1/3)

Comic Con 2012 での映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」記者会見全般に渡るの様子を、Clevver TVより3分割で配信された動画を使って紹介します。まずは登場シーンから始まるPart.1です。


Youtube ≫ Link () Pic via (RPLife)



Full Breaking Dawn Part 2 Press Conference from Clevver TV - Part.1

ClevverTV

ステファニー・マイヤー、マッケンジー・フォイ、テイラー・ロートナー、ロブ・パティンソン、クリステン・スチュワートの順で登場

-
(1:00〜)
Interviewer:テイラーかロブに質問です。このBreaking Dawn Part.2でやっとジェイコブとエドワードの二人は、友情や絆が生まれ、二人の間のギスギスした感情がなくなり友達として、家族としての感情が生まれますね。
Taylor:
いままでも、ずっとそんな気持ちで来たよねぇ。
Rob:もちろんさ、僕なんて自分の娘を捧げたほどだよ。
Taylor:それってまさしく愛だよね。
Rob:そうさ、真実の愛さ。このBreaking Dawn Part.2のテーマは、ジェイコブと僕のラブストーリーだから。(笑)(マイクを動かし、ノイズの大きさにビビるロブ)
Taylor:そうなんだよ、このマイク、コキコキ動くんだ。僕のはどっちかというと、スムーズに動くみたいだね。
僕たち三人の関係がこの作品で変わるんだ。今までの、複雑な三角関係から、四角、みたいな感じ。複雑なぎすぎすした感情が薄れていくんだ。
Kristen:家族の輪、って表現はどうかしら。
Taylor:それ、良いね。それだ!

-

Interviewer:今回でコミコンへのこのメンバーでの登場は最後になるわけですが、どんな心境ですか?
Kristen:
そうね、まだ信じられないわ。明日、リシュートするから集まってって連絡が入っても全然不思議じゃない。というよりは、嬉しくてわくわくしちゃうわ、きっと。このトワイライトワールドにいることは、とても嬉しい事だった。四年も同じ役を演じさせてもらったの、ここにいるみんなにも同じことが言えると思うけど、その4年の間、私の今までにしてきたこと全てをつぎ込んでベラを演じてきた。もちろん、この作品がこれで終わってしまうのはとても残念だけど、気持ちの上ではとても満足、ここにいつでも戻ってこれる、暖かい場所がある と思えるから。そんな作品に出会えたことを、とても感謝しているわ。どこかで、ステファニーがクリステンに謝るように。と言ったとかと聞いたんだけど、そんなこと全くないわ。無用の心配よ。私ここにこうやっていられることにとても感謝し、満足しているの。
Stephenie:確か、その答えの質問は、彼らの人生がこの作品に関わることで変わってしまったことに対して、ということだったと思うわ。でも、日々の生活のことを考えれば、いい意味でとっても悩まされただろうと思う、そこから来た謝罪 ってことよ。でも実際、毎日結構大変でしょ?
(三人笑)
Rob:そうだね、時々ね。でも、ほかに誰かが一緒の時はそんな風には思わないかな。



Kristen:ロブはとっても嫌な人なのよ。
Rob:そうなんだ、僕は邪魔されるのが大嫌いなんだ。(笑)



Interviewer:それぞれの皆さんこのフランチャイズに関わってからの変化に対してどう思っていますか?仕事に関して、環境に関して、など
Kristen:
一つのプロジェクトの最初から最後まで関われたということ、それはとても気合のいることで、時々押しつぶされそうにもなるけれど、でも、それはとても精神的に良かったし、本音よ。私、とても一生懸命このプロジェクトに向き合ったと思っているわ、今でも、もしステファニー(メイヤー)が突然、新しい続編を書き上げたら、きっと「すぐにでも読ませてちょうだい」と言うわ。そんな気持ちをこの作品には持ち続けるだろうと思うの。これからもそんな様々な出会いがあるかもしれない。この作品に出会って何が変わったか?きっと、私が演じるということをずっと続けていきたいという気持ちをさらに固められたことかしら。インディー映画を中心に活動することだけが、思いを分かち合う仲間と一緒に作品を作り上げるという経験ができる場ではないという思いを強くさせたわ。もっと大きな作品でもそういうことが可能だと分かった。そんなことを思うようになったのもトワイライトのお蔭よ。自分自身に関することの変化、それは今この場では時間が足りないわ、あまりにも沢山有り過ぎて。



Interviewer:この作品が始まる前に最初に出会った時のそれぞれの第一印象を今でも覚えていますか?
Stephenie:
私が、キャストのみんなと最初に会った時はとても印象深い日だったわ。今でも忘れない、その日はキャストのみんなとディナーだったんだけど、みんな撮影現場から来てくれて、それぞれのコスチュームを着ていたの。私が今までに何度も何度も想像した登場人物たちが、リアルにそこにいて、本当に変な気持ちになったわ。でも、とてもそうやってみんなに出会えてとても嬉しかった、「ワオ、そうよ、こういう感じ、イメージ通りよ!」って、触りたくなっちゃった。ホント、信じられない、嬉しい瞬間だったわ。それぞれのキャラが素晴らしく、これから一緒に作品を作り上げていくことにワクワクしたわ。



Kristen:私このロブのズボンが気に入っちゃった。ホント。(ロブ、きょとん・・・笑)
えっと、テイラーとはとても不思議な感じだった。だって、最初にテイラーに会った時はまだ子供だったのに、ニュームーンで会ったら、彼はもう文字通り青年だったのよ。「マジカヨ」って感じだったわ、だから、ちょっと心の葛藤があったわね、どちらに対してもそんな気持ちがあったの、だからインタビューとかではとても答えられなかった、私自身も気持ちが決められなかったから。
時に、人との出会いで、「何か一緒に作り上げるべきよ、間違いなく上手く行く、このパッションを一緒に形にしましょう!」って思えることが有る、この二人との出会いはまさにそれだったわ。


(次の質問前のロブとクリステン、ロブの爆笑・・・残念ながら何を言っているのかは聞こえません)



Interviewer:この最後の作品の撮影の中で、お互いに新しい発見はありましたか?
Stephenie:
こんなに長い間一緒に仕事をしていて、いまさら新しい事 というのはなかなか思い浮かばないわね。でも、もし、一つというのであれば、私はクリステンの演じる新しいベラ、これは素晴らしかったわ。
彼女の更なる素晴らしい一面を見せてもらったわ。そのほかの人は大して変わり映えしなかったけどね。


(一同笑、ちょっとロブのオーバージェスチャ〜「そうだよ、ヴァンパイアなんだ、代わり映えしてたまるかって〜」とか?・・・笑)

Taylor:そうだね、僕らみんな目新しくなかったかも。でも、クリステンはうまく演じたよ。今までの、このちょっとダサくて、鈍くて、誰でもあるあると思ってしまうような女の子から急にすばしっこく、セクシーなバンパイアーに変身、全く別人のようだった。すっかり感心してしまったよ、きっとファンの皆さんも同じように圧倒されると思うよ。
Stephenie:そう、私にとっても、あのパワフルなベラを実際に見るというのは、夢が現実になった、そんな気持ちよ。素晴らしかった。
Kristen:私も「ワオ、私はスポーツカー。さぁ、どこまでポテンシャルがあるのか、試してみましょ!」って気分だったわ。原作にこんな表現があった、「慣らし運転してみようぜ、ベラがどこまでやれるのか」って私のお気に入りの表現よ。  ※Part.2へ続く



| source [ClevverTV] via [RPLife] Thanks | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.15 Sunday..Time- 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Comic Con 2012 記者会見よりクリステン・スチュワートがR指定セックスについて熱く語る
―'Breaking Dawn Part 2' : Comic Con Press Conference "Kristen Stewart Talks 'Breaking Dawn' Rated R Sex Scene"ー

Comic Con 2012 : 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」記者会見よりクリステン・スチュワートがR指定語る

日本時間7月13日深夜より始まった、Comic Con 2012の映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」記者会見の模様をお知らせします。なんといっても会見で盛り上がりを見せていた箇所ということで、映画作品中のR指定されたセックスシーンについて、クリステン・スチュワートが語っているMTV動画を紹介します。

2人の掛け合いの楽しさ、彼女たちが以下にこの作品へ情熱をそそいているかが伺える動画です。※尚、上の動画はDaiymotionのためフラッシュ未対応機種からは閲覧できません。下に別アングルのYoutubeもはっています。


Dailymotion Link (veronicaspuffy) Thanks


'Breaking Dawn Part 2' : Comic Con Press Conference "Kristen Stewart Talks 'Breaking Dawn' Rated R Sex Scene" - MTV

クリステン・スチュワート、映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」のR指定セックスシーン語る "野生的なセックスをするの"



Interviewer:
Breiking Dawn Part.1のセックスシーンは熱い雰囲気でした。Breaking Dawn Part.2では、ヴァンパイアーのセックスが見られるでしょうか?
Kristen:レイティングの問題よ、この場では話しにくいわね。だれかマッケンジーを外に出してちょうだい!(笑)Breaking Dawn Part.1では、夢のような、めくるめく(小声で)セックスが必要だったの。最初の経験はとてもスイートなものよ。あー、なんか言いにくいわ。(笑)新しい発見というか、このシリーズ通して下品なものは何もないのよ、だけど、(マッケンジーを前にとても発言しにくそうに苦笑)



Rob:クリステン、しっかり伝わるようにしゃべれ。
Kristen:ちょっと口を挟まないでくれる!(放送禁止用語を使ったこともあり、一同笑)
だけど、Breaking Dawn Part.2では、ちょっと違うの。
Interviewer:マッケンジーの「罰金箱」はどこへ行ったかしら?
Kristen:もう貯まりすぎたから、病院が建ちそうだわ。
Rob:全くだよ、子どもの前でセックスの話をするなんて!



Kristen:でもBreaking Dawn Part.2では、もう人間ではないから、野性的なセックスをするの。(また詰まりながら…)さて、どんな仕上がりになっているでしょうね。いろいろ試したけど、それではR指定になってしまうと言われて。(ちぇっ。という感じで指をスナップするクリステン)
だから、そんな感じよ。



Kristen:私はトワイライトの虜だった、そのお互い好きなものを、大勢の人と分かち合えるその喜び、共に好きなものを作り上げられる喜びと言ったら、最高よ。火花となって、燃え上がらせる。もともと好きだったものを、友達と一緒に応援し始めた途端、好きで好きでどうしようもなくなってしまうことってあるでしょ?思いを共有し始めた途端に。それがどうして、トワイライトだったか、それは分からないけれど、突然火花が燃え上がったのね。



同じ会見箇所で、ロブの表情が見れないですが別アングルからクリステンを映しているE!OnlineのYoutube動画を貼っておきますね。クリステンの表情はよく見れます。


Youtube ≫ Link () Thanks

もっと聞きたい・・・観たい・・・秘宝映像も・・・。


| source [MTV:Dailymotion Link (veronicaspuffy) ] via [RPLife] Thanks | and Youtube [] via [RPLife] Thank you | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.15 Sunday..Time- 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Comic Con 2012: MTVスペシャルインタビュ、ステファニー・メイヤー氏にトワイライト続編を直撃
―MTV News' Comic-Con Takeover: 'Breaking Dawn' Special : Stephenie Meyer's Interviewー
Comic Con 2012: MTVによる映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」スペシャルインタビュ"ステファニー・メイヤー編"

サンディエゴで開催されたComic Con 2012のMTVによるスペシャルインタビューの中で、先にロバート・パティンソンら主要キャスト編を紹介しましたが、その話題に挙がったトワイライト作品原作者のステファニー・メイヤーのインタビュー編を一部紹介します。話題はもちろん、常に注目されているトワイライト作品続編について、MTVのジョシュ・フォロヴィッツ氏が直撃しています。※尚、この動画はMTVのフラッシュ動画のため携帯からは閲覧できません。





MTV News' Comic-Con Takeover: 'Breaking Dawn' Special : Stephenie Meyer's Interview
-Would Stephenie Meyer Be Open To A 'Twilight' Reboot In The Future?-

MTV:
トワイライト続編について原作者ステファニー・メイヤー氏に直撃

Josh:ブレイキング・ドーンPart.1にはいくつかの重要なポイントがありました。ハネムーン、結婚式そして、刻印、ファンはみんなとても楽しみにしていました。ブレイキング・ドーンPart.2は、もう見ましたか?
Stephenie:もう見たわ。特殊効果が全部終わっていたものではないけれど、見たわ。
Josh:レビューを教えてくれませんか?
Stephenie:もちろん、公平なレビューをね。(冗談です) Part.1では、結婚式などの人生のイベントが盛りだくさんでした。Part.2では間違いなく、クリステンがバンパイアーになるところ。素晴らしかったわ。
Josh:確か、このフランチャイズの初期の頃にも聞いた覚えがあるけど、その表現方法はあなたの頭の中にあったイメージにピッタリでしたか?それとも違ったり、新しい表現でしたか?カレン族のみんなもそれぞれ違った能力をもち、個性がありますが、ベラのバンパイアーは今までともまたちょっと違ったパターンだと思いますが。なにか彼女は特別なところがありますね。
Stephenie:そうね、彼女の演じるバンパイアーはちょっと違うの、違和感は感じられないけれど、今までのベラに比べても他のバンパイアーに比べても、ちょっと違うわ。そして、その演じ方は、私の頭の中に合ったものと、いい意味で違ったわ。新しい表現方法で、私が思いつきもしなかった感じだったわ。とっても気に入ったの、より良く演じてくれた。私が最初に思っていたよりも、もっと見ていて面白味があったわ。もちろん、私が頭に思い描いていた通りだったら、私にとってはつまらないものだったかもしれない。
Josh:あーこれなら、見たことある。新鮮じゃないわ。みたいな?
Stephenie:やり直し〜って感じかしら。
Josh:それぞれの作品がそれぞれ違った味があるというお話でしたが、バトルシーン、こちらはどうでしたか?ファンは満足しそう?
Stephenie:原作に限りなく近いと同時に独特な表現でもあるけれど、まだ映画が公開されていないから詳細は語れないの。でも、うまく表現してもらえたと思う。
Josh:OK.
-
Josh:最近の噂なのですが、これは絶対聞いておきたかったんです。もう既に、続編(Rebooting)の存在が話題になっていますが、こちらはどうですか?スパイダーマンも続編が出たし、
Stephenie:そうね、5年たって ってスパンね。
Josh:そう5年スパンって感じ。どう思われますか?
Stephenie:ありえないことはないわ。シナリオが良かったら、私もとても楽しみよ。いろいろと話の展開方法はあると思うけど、15年後 なんて内容も面白いかもしれないわね。
Josh:じゃぁ、ありうるってことかな。
Stephenie:少なくとも私にとってはね。
15年後にまた再開できるなんて、とても嬉しいわ。
Josh:あっち(映画配給会社)はもう、間違いなく作りたいと思っているだろうね、もう出来ちゃってたりしたら、どうする?
Stephenie:どうかしら、私たちなかなかいい関係にあると思ってるから、突然できました〜。って内容が私を驚愕させるものでもないとは思うけど。今のところ、とても良好な関係よ。



さて、もし続編があったなら、ということでロブとクリステンは意外と嫌ではなさそうでしたが、ほかのキャストはどうなんでしょう・・・。

トワイライト続編についてほかのキャストらは?

mina : ジャクソン、ケラン、アシュリーの動画でもジョシュが話題にしていましたが、この三人は まだやるの?みたいな反応もありましたが、もし続くのならそれは面白そうだな。でも、凄い特殊効果の作業ができるようになってれば、僕受けてもいいな。とケラン。
エリザベス、ニッキー、ピーターの動画での反応は、でも私たち年取っちゃうし〜。みたいな反応でしたよ。

mina : キャストの続編に対する反応に付け加えです。
ジャクソンが、「トワイライト・ミュージカル」は大いにありそうだよねぇ〜(スパイダーマンがそうであったように)との発言に、アシュリーもケランも大きく「そうだね」とうなづいていました。
音楽の才能もあるキャストも多いので、それも楽しみですね♪ (コメント欄より追記させていただきました♪)


とのことでした♪ minaさん、チェックありがとうございます!


| source [MTV] | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.15 Sunday..Time- 10:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Comic Con 2012 ロバート・パティンソンへのメディア取材: EWショートインタビュー記事
―Short EW Interview - Rob Talks About Wanting To Go To Future Comic Consー

Comic Con 2012: EWによるロバート・パティンソンへのショートインタビュー記事

日本時間7月13日深夜からサンディエゴで開催されているComic Con 2012の様子を順次紹介していますが、これは現地13日付のEW.comに掲載された、ロバート・パティンソンへのショートインタビュー記事です。


Robert Pattinson would like to come back to future Comic-Cons

Comic Conには出演者として帰ってきたい
EW.com:

トワイライトでのコミコン出演にあたって、ロバート・パティンソンはEWにいつか戻ってきて、出席者として参加はしたいと語った。「ぜひそうしたいね」と彼は言う。「ダースベーダーのマスクとかしてみたいよ。」

観客の一人がパティンソンとステュワートにもしコミコンに遊びにくるなら、何のドレスを選ぶかと尋ねたときにこの質問が初めて出た。ブレイキング・ドーンのパネルでの出来事である。ステュワートはうっすらと笑いながら白雪姫の魔女だと答えた。パティンソンはZodだと名付けた。
「Zodって言っただなんて信じられないよ」と数時間後パティンソンはホテルのホールよりもいくぶん静かなところでリラックスしながら言った。「Zodっていうのはスーパーマン2に出てくる悪いやつなんだ。何で彼の名を言ったのかわけが分からないよ。『Kneel before Zod』なら覚えているけど、今じゃ一日中頭から離れないよ。」恐らく9歳のときにスーパーマン2を見たという。

テイラーはパネルの間その質問に答えることはなかったが、バッドよりもいい人物を選んだ。「アイアンマンをぜひやりたいね」と言った。「ジェットパックのついたスーツが欲しいんだ。」
(アイアンマンのブーツ内部にはジェットが付いていて飛行可能。)

Robert Pattinson would like to come back to future Comic-Cons

EW.com:

Now that it’s the last Twilight appearance at Comic-Con, Robert Pattinson told EW he realized he would like to come back someday and experience it as an attendee (in costume, of course). “I’d love it,” he says. “Maybe a Darth Vader mask or something.”
-
The question first came up at the Breaking Dawn –Part 2 panel when an audience member asked Pattinson and Stewart what villain they’d choose to dress up as if they came to Comic-Con for fun. Stewart, with a sly smile, said the Evil Queen — a nod to her co-star in Snow White and the Huntsman. Pattinson named Zod.
-
“I can’t believe I said Zod,” Pattinson said a couple of hours later, relaxing in a much-quieter-than-Hall-H hotel room. “He’s the bad guy from Superman II. I actually have no idea why I said him. I just remember, ‘Kneel before Zod‘. Now that’s been stuck in my head all day.” The actor estimates that he probably last saw Superman II when he was 9-years-old.
-
Lautner, who did not get to answer the question during the panel, chose a good guy rather than a bad. “I would love to dress up as Iron Man,” he said. “I would also really like to get a suit that has a jet pack.”



| source [EW.com] via [RPLife] Thanks | Translation Chi (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.15 Sunday..Time- 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    Lebron 15 (02/27)
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    Pandora Rings (02/18)
  • ヌードが最もセクシーな男性セレブ:ロバート・パティンソン2位(UK) @Movie__Walker @spunk-ransom
    Five Finger Shoes (02/09)
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    Converse (01/17)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    Pandora Rings (01/11)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Champion T Shirt (01/09)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    Converse High Tops (01/03)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    Coach Outlet (01/01)
  • ヌードが最もセクシーな男性セレブ:ロバート・パティンソン2位(UK) @Movie__Walker @spunk-ransom
    Red Bottoms (12/31)
  • ヌードが最もセクシーな男性セレブ:ロバート・パティンソン2位(UK) @Movie__Walker @spunk-ransom
    Off White T Shirt (12/27)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ