Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

<< Comic Con 2012 記者会見よりクリステン・スチュワートがR指定セックスについて熱く語る | main | ロバート・パティンソンらComic Con 2013 記者会見フルチェキPart.2 >>
ロバート・パティンソンらComic Con 2013 記者会見フルチェキPart.1
―Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Press Conference - Part.1ー

Comic Con 2012 :映画「トワイライト・サーガPart.2」記者会見フル動画-part.1(1/3)

Comic Con 2012 での映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」記者会見全般に渡るの様子を、Clevver TVより3分割で配信された動画を使って紹介します。まずは登場シーンから始まるPart.1です。


Youtube ≫ Link () Pic via (RPLife)



Full Breaking Dawn Part 2 Press Conference from Clevver TV - Part.1

ClevverTV

ステファニー・マイヤー、マッケンジー・フォイ、テイラー・ロートナー、ロブ・パティンソン、クリステン・スチュワートの順で登場

-
(1:00〜)
Interviewer:テイラーかロブに質問です。このBreaking Dawn Part.2でやっとジェイコブとエドワードの二人は、友情や絆が生まれ、二人の間のギスギスした感情がなくなり友達として、家族としての感情が生まれますね。
Taylor:
いままでも、ずっとそんな気持ちで来たよねぇ。
Rob:もちろんさ、僕なんて自分の娘を捧げたほどだよ。
Taylor:それってまさしく愛だよね。
Rob:そうさ、真実の愛さ。このBreaking Dawn Part.2のテーマは、ジェイコブと僕のラブストーリーだから。(笑)(マイクを動かし、ノイズの大きさにビビるロブ)
Taylor:そうなんだよ、このマイク、コキコキ動くんだ。僕のはどっちかというと、スムーズに動くみたいだね。
僕たち三人の関係がこの作品で変わるんだ。今までの、複雑な三角関係から、四角、みたいな感じ。複雑なぎすぎすした感情が薄れていくんだ。
Kristen:家族の輪、って表現はどうかしら。
Taylor:それ、良いね。それだ!

-

Interviewer:今回でコミコンへのこのメンバーでの登場は最後になるわけですが、どんな心境ですか?
Kristen:
そうね、まだ信じられないわ。明日、リシュートするから集まってって連絡が入っても全然不思議じゃない。というよりは、嬉しくてわくわくしちゃうわ、きっと。このトワイライトワールドにいることは、とても嬉しい事だった。四年も同じ役を演じさせてもらったの、ここにいるみんなにも同じことが言えると思うけど、その4年の間、私の今までにしてきたこと全てをつぎ込んでベラを演じてきた。もちろん、この作品がこれで終わってしまうのはとても残念だけど、気持ちの上ではとても満足、ここにいつでも戻ってこれる、暖かい場所がある と思えるから。そんな作品に出会えたことを、とても感謝しているわ。どこかで、ステファニーがクリステンに謝るように。と言ったとかと聞いたんだけど、そんなこと全くないわ。無用の心配よ。私ここにこうやっていられることにとても感謝し、満足しているの。
Stephenie:確か、その答えの質問は、彼らの人生がこの作品に関わることで変わってしまったことに対して、ということだったと思うわ。でも、日々の生活のことを考えれば、いい意味でとっても悩まされただろうと思う、そこから来た謝罪 ってことよ。でも実際、毎日結構大変でしょ?
(三人笑)
Rob:そうだね、時々ね。でも、ほかに誰かが一緒の時はそんな風には思わないかな。



Kristen:ロブはとっても嫌な人なのよ。
Rob:そうなんだ、僕は邪魔されるのが大嫌いなんだ。(笑)



Interviewer:それぞれの皆さんこのフランチャイズに関わってからの変化に対してどう思っていますか?仕事に関して、環境に関して、など
Kristen:
一つのプロジェクトの最初から最後まで関われたということ、それはとても気合のいることで、時々押しつぶされそうにもなるけれど、でも、それはとても精神的に良かったし、本音よ。私、とても一生懸命このプロジェクトに向き合ったと思っているわ、今でも、もしステファニー(メイヤー)が突然、新しい続編を書き上げたら、きっと「すぐにでも読ませてちょうだい」と言うわ。そんな気持ちをこの作品には持ち続けるだろうと思うの。これからもそんな様々な出会いがあるかもしれない。この作品に出会って何が変わったか?きっと、私が演じるということをずっと続けていきたいという気持ちをさらに固められたことかしら。インディー映画を中心に活動することだけが、思いを分かち合う仲間と一緒に作品を作り上げるという経験ができる場ではないという思いを強くさせたわ。もっと大きな作品でもそういうことが可能だと分かった。そんなことを思うようになったのもトワイライトのお蔭よ。自分自身に関することの変化、それは今この場では時間が足りないわ、あまりにも沢山有り過ぎて。



Interviewer:この作品が始まる前に最初に出会った時のそれぞれの第一印象を今でも覚えていますか?
Stephenie:
私が、キャストのみんなと最初に会った時はとても印象深い日だったわ。今でも忘れない、その日はキャストのみんなとディナーだったんだけど、みんな撮影現場から来てくれて、それぞれのコスチュームを着ていたの。私が今までに何度も何度も想像した登場人物たちが、リアルにそこにいて、本当に変な気持ちになったわ。でも、とてもそうやってみんなに出会えてとても嬉しかった、「ワオ、そうよ、こういう感じ、イメージ通りよ!」って、触りたくなっちゃった。ホント、信じられない、嬉しい瞬間だったわ。それぞれのキャラが素晴らしく、これから一緒に作品を作り上げていくことにワクワクしたわ。



Kristen:私このロブのズボンが気に入っちゃった。ホント。(ロブ、きょとん・・・笑)
えっと、テイラーとはとても不思議な感じだった。だって、最初にテイラーに会った時はまだ子供だったのに、ニュームーンで会ったら、彼はもう文字通り青年だったのよ。「マジカヨ」って感じだったわ、だから、ちょっと心の葛藤があったわね、どちらに対してもそんな気持ちがあったの、だからインタビューとかではとても答えられなかった、私自身も気持ちが決められなかったから。
時に、人との出会いで、「何か一緒に作り上げるべきよ、間違いなく上手く行く、このパッションを一緒に形にしましょう!」って思えることが有る、この二人との出会いはまさにそれだったわ。


(次の質問前のロブとクリステン、ロブの爆笑・・・残念ながら何を言っているのかは聞こえません)



Interviewer:この最後の作品の撮影の中で、お互いに新しい発見はありましたか?
Stephenie:
こんなに長い間一緒に仕事をしていて、いまさら新しい事 というのはなかなか思い浮かばないわね。でも、もし、一つというのであれば、私はクリステンの演じる新しいベラ、これは素晴らしかったわ。
彼女の更なる素晴らしい一面を見せてもらったわ。そのほかの人は大して変わり映えしなかったけどね。


(一同笑、ちょっとロブのオーバージェスチャ〜「そうだよ、ヴァンパイアなんだ、代わり映えしてたまるかって〜」とか?・・・笑)

Taylor:そうだね、僕らみんな目新しくなかったかも。でも、クリステンはうまく演じたよ。今までの、このちょっとダサくて、鈍くて、誰でもあるあると思ってしまうような女の子から急にすばしっこく、セクシーなバンパイアーに変身、全く別人のようだった。すっかり感心してしまったよ、きっとファンの皆さんも同じように圧倒されると思うよ。
Stephenie:そう、私にとっても、あのパワフルなベラを実際に見るというのは、夢が現実になった、そんな気持ちよ。素晴らしかった。
Kristen:私も「ワオ、私はスポーツカー。さぁ、どこまでポテンシャルがあるのか、試してみましょ!」って気分だったわ。原作にこんな表現があった、「慣らし運転してみようぜ、ベラがどこまでやれるのか」って私のお気に入りの表現よ。  ※Part.2へ続く



| source [ClevverTV] via [RPLife] Thanks | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.15 Sunday..Time- 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...









トラックバック機能は終了しました。
【コミュニケーションエリア】
 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    Lebron 15 (02/27)
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    Pandora Rings (02/18)
  • ヌードが最もセクシーな男性セレブ:ロバート・パティンソン2位(UK) @Movie__Walker @spunk-ransom
    Five Finger Shoes (02/09)
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    Converse (01/17)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    Pandora Rings (01/11)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Champion T Shirt (01/09)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    Converse High Tops (01/03)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    Coach Outlet (01/01)
  • ヌードが最もセクシーな男性セレブ:ロバート・パティンソン2位(UK) @Movie__Walker @spunk-ransom
    Red Bottoms (12/31)
  • ヌードが最もセクシーな男性セレブ:ロバート・パティンソン2位(UK) @Movie__Walker @spunk-ransom
    Off White T Shirt (12/27)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ