Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

<< カンヌ国際映画祭コンペ選出、ロバート・パティンソン「Cosmopolis」23日ワールドプレミア上映か?& 日本字幕トレーラーA Japanese subbed trailer of movie "Cosmopolis" (RPP-Japan) | main | 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」角川シネマ新宿とアイシネマ今治(愛媛)で何と上映中!5/1&5/2は1000円! >>
映画「Cosmopolis」ポルトガル人プロデューサーのメディアへのコメント、カンヌ映画祭言及、他
―Old/New Video:Paulo Branco The Producer of Cosmopolis Speaks About the Movie, Cannes and Robert Pattinson Going to Portugalー

映画「Cosmopolis」のポルトガル人プロデューサー、パウロ・ブランコがメディアにカンヌ映画祭関連コメント

少し前になりますが、ロバート・パティンソン主演映画「Cosmopolis」がカンヌ国際映画祭に正式にコンペティション選出作品と発表かという話題が挙がった際、この映画のポルトガル人プロデューサーのパウロ・ブランコが母国のメディアに語った動画を紹介します。

このところなかなか作業時間がとれず、紹介が遅れてしまってすみません。
※動画が長いので訳は2分割で以下のとおりにまとめています。ポルトガル語をファンの方が英訳されたものを和訳しています。


Youtube Link



Paulo Branco The Producer of Cosmopolis Speaks About the Movie, Cannes and Robert Pattinson Going to Portugal.

Part.1
ジャーナリスト:ポルトガル人のパウロ・ブランコがプロデュースした作品がカンヌ映画祭でパルム・ドール賞を争うことになりました。審査員が選んだリストが今朝パリで公表され、デヴィッド・クローネンバーグが監督、パウロ・ブランコがプロデューサーを務めた『コズモポリス』がリストに載っていることがわかりました。この映画は今年の映画の一つとして宣伝されており、大変期待されています。主役はトワイライト・サーガのスター、ロバート・パティンソンです。世界中に大勢の彼のファンがいます。


Part.2:
インタビュアー:
こんばんは、パウロさん。この作品はあなたがプロデュースした映画の11作目であり、カンヌ映画祭に選出されましたね。ヨーロッパでは最も重要な映画祭です。トレイラーを見て、少しだけ内容を知っていますがこれはヨーロッパの映画ではありませんね。最も大切なあなたの作品ですか?
PB:えっと、プロデューサーの立場からするとどの作品も大切だよ。でももちろんこれは特別。初めて大西洋の反対側の人たちがやるやり方で作った映画だからね。世界で最も素晴らしい監督の元、トロントで撮影した。デヴィッド・クローネンバーグ、彼は素敵なハリウッドの役者たちと一緒になって、私の提案をよく聞いて、受け入れてくれた。それにこんなに大規模で予算のある映画を作ったのは初めてだった。

インタビュアー:メジャーな映画のことでしょうか?
PB:中間ぐらいのアメリカの映画のことだよ。150万ユーロ(1億5千万円)ぐらいの。フランス系カナダの映画さ。フランスからもカナダからも同じくらいサポートしてもらったからね。インディーズ映画のプロデューサーには予算と特に自由ということに不慣れだったけど、この作品を作らなくてはと思った。そしてデヴィッド・クローネンバーグを監督にし、監督と一緒に俳優陣を選んだ。変わった経験になったよ。今やカンヌ映画祭に選ばれるなんて。作品を誇りに思っている。カンヌではどの映画も類を見ないもの。いつもどこか特別で、映画祭通の作品を理解できる人がいる。 
-
インタビュアー:有名監督デヴィッド・クローネンバーグをはじめ、キャストといいこの映画のクルーは印象的ですね。主役の役者たち(ジュリエット・ビノシュ、トワイライト・サーガのロバート・パティンソン)は恐らく監督以上に有名ですし。五月の公開に合わせて、ポルトガルで彼らに関係する計画が何かあるかどうか教えて頂きたいです。
PB:そうだね。プロジェクトが立ち上がった時から、ドン・デ・リーロ、デヴィッド・クローネンバーグ、ロバート・パティンソンの共感を得て作られた作品だ。映画を宣伝するために、ポルトガルをはじめとするヨーロッパで小さなプロモーションツアーをやるのはどうかというアイデアを話したんだ。彼らはすぐに同意してくれたよ。カンヌ映画祭のあとでポルトガルでのプレミアのために来てもらうつもり。ポルトガルでのプレミアなんてユニークなイベントになりそうだね。それにこの映画に携わった人のプロ意識と情熱を示す良い例になる。パティンソンにとってはこのプロジェクトは最も重要になったんじゃないかな。彼は映画を見て、確か個人的に私にこう言った。「このプロジェクトを最も誇りに思っているし、必要な時はいつでもサポートをしたい。」と。世界的大作家の一人であるドン・デ・リーロが映画を見たとき…(インタビュアーがパウロ・ブランコを遮る)
-
※最後の質問は理解しにくかったです。パウロ・ブランコはカンヌについて話し、映画祭で作品を宣伝し、売り込むと言いました。

Paulo Branco The Producer of Cosmopolis Speaks About the Movie, Cannes and Robert Pattinson Going to Portugal

Part 1: English Translation by CosmopolisFilm
-
Journalist (J): The film, produced by Paulo Branco Portuguese, will compete for the Palme d’Or at the Cannes Film Festival. The list chosen to tender, selected by the jury, was released this morning in Paris and includes the movie Cosmopolis, directed by David Cronenberg and produced by Paulo Branco. The film has been touted as one of the movies of the year and his debut is generating great expectations. The main actor is Robert Pattinson, star of movies of the Twilight saga, which has built an army of fans around the world.
-
Part 2: English Translation from RP Life:
-
I: Paulo, good evening. This is the 11th movie that you produce and has been selected to the competition in Cannes – the most important film festival in Europe. From what we saw in the trailer and from the little we know, this is not an European movie. Is this your most important movie?
PB: Well, as a producer I like to think all movies are important, but this one is special, of course. It’s a movie where, for the first time, I worked the way they do on the other side of the Atlantic. It was filmed in Toronto with one of the best directors in the world, David Cronenberg, that was kind enough to listen and accept my proposal, and with great Hollywood actors. And it’s the first time I work on a movie this big and with this budget.
-
I:We’re talking about a major production?
PB:
We’re talking about a medium American production, about 15M Euros. A French-Canadian movie. We had as much support from France as from Canada. Although, it is a budget that indie producers are not used to, especially with the freedom I had to produce this movie: choosing the director, David Cronenberg, and the actors (along with Cronenberg). It was an unique experience. I am proud (for the movie) to be in Cannes now; to be aknowledged. Every movie in Cannes, in competition, they’re not just “another movie”. It’s always something special, someone who has been and follows the festival, can understand.
-
I:The cast and crew of this movie is impressive. Famous director, David Cronenberg. The main actors are, I should say, even more famous (Juliette Binoche and Robert Pattinson, from the Twilight Saga). I want to know if there’s anything planned for the release of the movie in Portugal in May with them?
PB:
Precisely. It was created some sort of empathy with Don de Lillo, David Cronenberg and Robert Pattinson, that since the beginning, when I talked about the idea of doing a small promo tour in Europe to promote the movie, starting in Portugal, they immediately accepted. They’ll be here right after Cannes for the Portuguese premiere of the movie. I think it’s an unique event, for a movie premiere, in Portugal. And an example of professionalism and devotion from the people that worked in this film. For Pattinson, this project is essential. He watched the movie and personally told me that it was, maybe, the project that he was most proud of and wanted to support it wherever it was necessary. Don DeLillo, one of the biggest writers in the world, when saw the movie… (Interviewer interrupts Paulo Branco)
-
The last question is hard to understand, Paulo Branco talks about Cannes, promoting and selling movies at the festival.



日本での公開の話題はまだまだ聞こえてきませんが、海外の情報を楽しみに待ちたいですね。


|[Source / Source  via RP Life  & via ] via [ToR] Thanks | Youtube []  Thank you |Translation Chi (C) Robert Pattinson Press-Japan |



―Old/New Robert Pattinson in ‘Gioia’ magazine (Italy)ー

イタリア誌「Gioia」掲載、映画「Cosmopolis」記事

半月ほど前のものですが、イタリア誌「Gioia」に掲載された、映画「Cosmopolis」特集記事を紹介します。尚、このデータはRobert Pattinson Momsさんより直接いただきました。紹介がすっかり遅くなってしまいました。

Robert Pattinson in "Gioia" magazine – Italy


ー『ベラミ』においてさえいくらかヴァンパイアのようであるー
しかし今や彼はギ・ド・モーパッサンの傑作小説を元にした映画で”シリアスな映画界”をものにしようとしている。しかしながら彼の名声は衰える兆しを見せない。そのカギとは?彼が演じるのがロマンチックなエドワードや無節操な人殺しなど何で