Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

<< 映画「Cosmopolis」新トレーラー2つ!斬新映像でロバート・パティンソン魅力満載 | main | カンヌ国際映画祭コンペ選出、ロバート・パティンソン「Cosmopolis」23日ワールドプレミア上映か?& 日本字幕トレーラーA Japanese subbed trailer of movie "Cosmopolis" (RPP-Japan) >>
ロバート・パティンソン映画「Cosmopolis」ポルトガルでプレミア開催か?&サラ・ガトンのインタビュー記事紹介 他
―Robert Pattinson, Cronenberg, Paul Giamatti and Don DeLilo to attend Cosmopolis Premiere in Portugal?ー

映画「Cosmopolis」ポルトガルでプレミア開催か?

ポルトガル発でにわかに、ロバート・パティンソン映画「Cosmopolis」がポルトガルでプレミアが開催されるという話題が挙がっているので紹介します。20日付のポルトガル新聞電子版に掲載されたもので、ファンの方が英訳されたものを和訳しています。尚、公式からの発表ではありません。



Correio da Manha
Pattinson mostra filme a Portugal

パウロ・ブランコ(ポルトガルの映画製作者)はポルトガルの新聞社“Correio da Manha”に『コズモポリス』のポルトガルでのプレミアについて語った。5月28日に行われで、翌日の29日に公開、そしてロブ、ジアマッティ、クローネンバーグとデ・リーロが出席する予定だと言った。

欧州文化首都は5月28日に未曾有の参会者をむかえる。何万人もの映画ファンのアイドルである英国俳優のロバート・パティンソンが『コズモポリス』のプレミアに参加するのだ。デヴィッド・クローネンバーグが監督を、パウロ・ブランコがプロデューサーを務めた。カンヌ映画祭のパルム・ドール賞を勝ち取ることができるだろうか。

大氾濫は5月29日、確実に起こるだろう。リスボンでは『コズモポリス』が二つのスクリーンで上映される。一つはベレン文化センターで、もう一つは公的に行われる。そこでパティンソン(それにポール・ジアマッティなど他の役者)にはファンがつくだろう。映画チームは監督のデヴィッド・クローネンバーグと、作家のドン・デ・リーロも含まれている。彼の小説がこの作品の原作だ。

「ファンたちがここでより文明化してくれるのを望むよ、」とパウロは言った。「カンヌに関心がある。」と、前回のフランスでのパティンソンへの反応がビートルズへのように表現されてから彼のステイに興味があったことを認めた。

5月31日には30の映画館で上映される。パティンソンはトワイライトのスター、ヴァンパイアの“エドワード・カレン”とは全く異なる役を演じている。これはマンハッタンをリムジンで走り抜けるような権力者の冒険物語である。(しかしューヨークではなくトロントで撮影が行われた)

『コズモポリス』パルム・ドール賞を狙う

『コズモポリス』がカンヌ映画祭のパルム・ドール賞に公式ノミネートされたことが昨日明らかになった。パウロ・ブランコによると、映画監督のデヴィッド・クローネンバーグ監督が資本主義の難局についてメタファーを示しているという。ブランコによる映画がカンヌ映画祭のトップに立候補するのは11作目であるにもかかわらず、5月16日から27日まで開催される映画祭はウォルター・サレス(『On the Road』)、レオス・カラックス(『Holy Motors』)、ミヒャエル・ハネケ(『Amour』)、『Moonrise Kingdom 』のウェス・アンダーソンなどの作品をメインとしている。
 
Correio da Manha
Pattinson mostra filme a Portugal
English Translation

Guimarães – Capital Europeia da Cultura will have an unprecedented turnout on May 28, when the English actor Robert Pattinson, idol of millions of movie fans, will attend the premiere of 'Cosmopolis', directed by David Cronenberg and produced by Paulo Branco, days after learning if they won the Palme d'Or at the Cannes Film Festival.
-
Major flooding will certainly happen on May 29, in the two 'Cosmopolis' screenings in Lisbon. One will take place at Centro Cultural de Belém, while the other will be open to the public, and Pattinson (and other actors, including Paul Giamatti) will be with the fans. The 'team' also includes the filmmaker David Cronenberg and writer Don DeLillo, whose novel is the basis of the film.
-
"I hope the fans are more civilized here," said Paulo Baulo to the CM, acknowledging that Pattinson's stay in "Cannes is a concern," since his last time in the French city the reactions were described as Beatles-like.
-
In the film which opens in 30 theaters on May 31st, Pattinson plays a character very different from the vampire 'Edward Cullen', star of Twilight. This is the odyssey of a Manhattan mogul that runs through the city (although shooting has taken place in Toronto and not in New York) in his limousine.
-
'Cosmopolis' wants the Palme d'Or
-
'Cosmopolis' is in a list of candidates for the Palme d'Or in the official competition of the Cannes Film Festival, revealed yesterday. According to Paulo Branco, producer of the film where David Cronenberg has made a metaphor about the capitalism crisis, to find yourself in this list "will only provide visibility throughout the world" to the project. Besides the 11th film produced by Branco candidate for the top prize at Cannes, the festival which runs from May 16-27 features works by Walter Salles ("On the Road"), Leos Carax ("Holy Motors"), Michael Haneke ("Amour") and Wes Anderson, whose 'Moonrise Kingdom' opens an exhibition.



この記事に登場するパウロ氏がTVでも同内容を語っている様子が放映されているので、また順次紹介させていただきますね。さて、日本は今、続々宣伝に乗り込んできてくれるハリウッドスターのラッシュ、しかも大物ぞろい・・・本当にうらやましい限り。遂にジョニー・デップやザッ君も来日・・・そんな話題を耳にすると寂しさひとしおです。

| source [Correio da Manha] via [@veraleeon :RPLife] Thanks | Translation Chi (C) Robert Pattinson Press-Japan |


―Sarah Gadon talks about Rob and Cosmopolis with Filler Magazineー

Filler誌に語る、映画「Cosmopolis」共演者サラ・ガトンのインタビュー

雑誌「Filler」に掲載された、ロバート・パティンソン映画「Cosmopolis」で妻役エリスを演じているサラ・ガトンのインタビュー記事を紹介します。

Interview for FILLER magazine



デンジャラス メソッド」の抑圧されていたエマ・ユング役からうって変わって、現代的な自由を語る「Cosmopolis」では、28歳のエリック・パッカー(パティンソン)と、物語の始まる22日ほど前に結婚した、エキセントリックな詩を書く裕福なエリース・シフリンになり替わった。
-
「エリースは変わった人なの」とガドンは言う「脚本を読んだ時、彼女は隠者か何かなのかと思ったわ、彼女は社交界の名士なのに、ね。彼女はある意味とても近づきがたいのよ。彼女は昼間は外出しないタイプなんじゃないかって思ったわ。」ガドンは演じるキャラクターに「グレイ・ガーデンズ」(メイズルス兄弟の1975年のドキュメンタリー映画。浮世離れした母子の、独自の世界観のなかで生きる姿を描いたドキュメンタリー。その母子がジャクリーン・オナシスの叔母、従妹だったので、世の注目を浴びた。)に住んでいた母子を重ね合わせ、「ビッグ・エディ」の生きた姿を型破りな社交界の名士の姿を、エリースと夫のエリックの不可解な関係についてリサーチする材料に使った。「エリースは表にはなかなか出てこないの、表に出るか出ないか、という微妙なところにいるのね。そして、彼女が夫と対話する理由は、彼がどんな人なのか、それから一体何をしている人物なのか を知るためなのよ。2人は常にお互いをもっと知りたいと思っているのに、違う言語を話すから通じ合えない、そんな二人なんだと思ったわ。」と説明する。
-
名声を得ることによる批判、抗ウィルス性が前途有望な者たちを共演させる、キャレブ・ラドリー・ジョーンズ(今年の後半に新作「ビザンチン」にて、英国のAリスト俳優陣、シアーシャ・ローナン、ジェマ・アタートン、ジョニー・リー・ミラーとサム・ライリーらと共演)は、「Cosmopolis」から出た流行りの俳優と言えるだろう。「デイビッド(クロネンバーグ監督)やロブと一緒に仕事をしたことによって、爆発的人気やポップスター、そしてセレブであることに関して私のイメージが変わったわ。」
-
昨年の夏「Cosmopolis」の製作中、共演者のロバート・パティンソンとのロマンスの噂がメディアやブログなどで格好の話題となった時、ガドンは今の時代の文化の象徴ともいえるR.Patzの現状が分かるようになってきたという。「彼の熱心なファンの詮索から逃げるためには石の下にでも済まないとダメそうだわ。」と噂を即座に否定し、撮影が二人の仲の中心なのだというところに目を向けさせた(「頻繁にロブの自身の事や、彼と一緒に仕事をした感想などを聞かれるけれど、仕事以外にあまり一緒に過ごさなかったの…撮影が終わったら、さ、帰りましょう って感じだったから。」)彼女が、R.Patzの渦の中に巻き込まれまいと格闘していたのは、もう明白。「それはもう、違った次元の力が働いている、そんなイメージだわ。彼とは、違う世界に私は存在するんだって強く感じた。」と笑いながら語る。「わたしはあの世界の住人ではないの…私は家に帰って…一人暮らしのアパートで、TCCを取って、学校の資料を読むような日々、なんだかとっても釣り合わないわ。」
ーー


この女優のある写真付きのツイートが世界中にいる多くのトワイライトファンを変えた。神のいる場所へと戻るかのように、ちょっとした情報をも逃さないファンたちである。ガドンは今年の一月にツイッターのアカウントを持った時から何か知っていることがあったようだ。

「私のアカウントはオープンだから、誰でも私をフォローできるのよ。たいして面白いツイートをするわけでもないけれど。『ニューヨークに行くの!』とかいったことをツイートするわ。ベネズエラにいるロパッツが『良い旅を。』って言ってくれたの。とっても変な感じ。」

ロパッツに対する熱狂的なファンの支持をこのようにして垣間見ることは彼女の私生活を守ってくれるのかと聞いてみた。敬虔なガドンはこう主張する。「そいういったやり方で有名になろうと思ったわけではないわ。名声ははティーンのあこがれの的のためにあって、私たちのような一般人のためには存在しないのよ。」ガドンが文化の象徴になろうとしているという可能性を一笑に付したところを見ると、見せかけの謙虚さではないことが分かった。しかしながら反対に閲覧者たちは女優がスターへの道を駆け上がる勢いを判断しながら、より良い賭けをするだろう。

5月中旬に行われる今年のカンヌ映画祭では『コズモポリス』が出品されることが噂されている。『Antiviral(デヴィッドの息子ブランドン・クローネンバーグ監督、サラ・ガドン出演) 』と争うことが予想される。もちろんどちらも今年9月の東京国際映画祭に選出される可能性がある。我々はうっとりするような国際映画祭のシーズンにガドンの姿を見ることになるだろう。


Interview for FILLER magazine

Shaking off the reserve demanded by her Dangerous Method role, the actress swaps the inhibitions of her Emma Jung character for the modern liberty of Cosmopolis’s Elise Shifrin, the eccentric poet and heiress, whom 28-year-old Eric Packer (Pattinson) put a ring on not 22 days prior to when the narrative action begins.
-
“She’s an oddball,” says Gadon of Elise. “When I read the script, I almost thought that she was kind of a hermit, even though she is a socialite, because she’s kind of inaccessible. I almost feel like she’s the type of person that doesn’t see the light of day very often.” Detecting a touch of the Grey Garden recluse in her character, Gadon researched “Big Edie’s” generation of atypical socialites for insight into the enigmatic Elise and her relationship with husband Eric. “She doesn’t really surface, she’s just right under the surface. And, I think her interactions with her husband are all about trying to figure out who he is and what the hell he does. I feel like they’re constantly trying to communicate, but they’re speaking two completely different languages,” the actress explains.
-
(...)-
A critique on celebrity culture, Antiviral, which co-stars up-and-comer, Caleb Landry Jones (seen later this year in Byzantium starring British A-listers Saoirse Ronan, Gemma Arterton, Jonny Lee Miller and Sam Riley) was the ideal successor to the pop culture-laden Cosmopolis. “Coming off of the film with David and Rob, it really got my wheels turning about the whole idea of cultural phenomenon, pop stars [and] celebrity-ism.”
-
Having been plunged into the media shark tank/celebrity blogosphere last summer by rumours circulating about an off-screen romance with co-star Robert Pattinson during the production of Cosmopolis, Gadon knows something of the cultural phenomenon that is R. Patz. “You’d have to be living under a rock not to realize the far reach of his fan base.” Quick to deny the rumours and highlight the brevity of their working relationship (“I get asked so frequently about Rob and working with him, but we didn’t spend very much time together…we did our scene and then left.”), it’s evident the actress is combating the gravitation pull of the R. Patz orbit. “It’s kind of like this whole different force beyond it. I really honestly feel like I exist on a different planet than he does…I do,” she trails off, laughing. “I don’t live in that world…I go home…living in my bachelor apartment, taking the TCC, reading my school work…it’s weird.”
-
One Tweet from our photo shoot with the actress alerted a mass of Twilight fans across the globe on the hunt for any morsel of information leading them back to the whereabouts of their deity, something Gadon has becoming familiar with since opening her own Twitter account this January. “My Twitter account is open so anyone can follow me, and it’s really not particularly interesting. I tweet things like ‘Going to New York!’ and I have like R. Patz Venezuela saying, ‘Have a great trip’….it’s so bizarre.”
-
Asked if her glimpse of R.Patz fandemonium has since made her more protective of her personal life, a reverent Gadon insists: “I just don’t think I will ever achieve that sort of fame. It’s reserved for the teen heartthrobs, it doesn’t exist for us ‘normies.’” There’s no feigned humbleness when Gadon shrugs off any possibility of becoming a cultural icon, though readers would do better wagering the opposite, judging from the momentum of the actress’s rising star.
-
With Cosmopolis rumoured to be an official selection at this year’s Festival de Cannes in mid-May, and Antiviral vying for a spot in the competition, and of course both being optimal possible CanCon selections at this September’s TIFF, it would appear that Gadon is in for a rapturous international film festival season.



| source [sarahgadon.tumblr.com] via [RPLife] Thanks  | Translation (C) Robert Pattinson Press-Japan |


―Youtube Version and French Version of the Cosmopolis Trailerー

映画「Cosmopolis」フランス発トレーラーYoutube版

既に紹介済みの動画ですが、映画「Cosmopolis」フランス配給先から公開されたトレーラーのYoutube版です。翻訳も既に紹介済みなので こちらをご参照ください。

Youtube Link (上の動画:英語音声のフランス語字幕版)
Youtube Link  (参考:フランス語吹替え)


映画「Cosmopolis」フランス発もう1つのトレーラーYoutube版

こちらも既に紹介済みの映画「Cosmopolis」のもう1つのトレーラー、Youtube版を貼っておきますね。この動画は英語音声で字幕なしです。翻訳は同じく紹介済み こちら(下の方の動画訳です)

Youtube Link

| Youtube [] via [ToR] Thanks  | Youtube [] Thanks |
|JUGEMテーマ:映画賞・映画祭映画外国映画の男優Robert Pattinson
| コズモポリス Cosmopolis 【日本4/13一斉公開予定】 | Date of Japan @2012.04.22 Sunday..Time- 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...









http://clara-blog.jugem.jp/trackback/2793
【コミュニケーションエリア】
 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (06/30)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (06/30)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (03/06)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (03/06)
  • ベン・バーンズ、トワイライトのエドワード役にならなくて、今はほっとしたかも・・
    通りすがり (02/19)
  • RPPJの英語翻訳お手伝いしてくださる方ぜひお声掛けください♪
    Mr.Eguchi (02/18)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    白☆ (12/11)
  • 映画『Maps to the Stars』7/22トロントのセットでのロバート・パティンソン
    clara (08/04)
  • 映画『Maps to the Stars』7/22トロントのセットでのロバート・パティンソン
    白 (07/27)
  • Dior Homme 新ショットのロバート・パティンソン
    clara (07/04)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ