Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

<< 9.11追悼:映画「リメンバー・ミー」絶賛上映中(ロバート・パティンソン製作・主演)―東京・大阪・愛知 | main | 映画「ブレイキング・ドーンPart.1」新プレ・トレーラーと魅惑の新スチール公開! >>
フランス版「プレミア」誌、クリステン・スチュワート、ブレイキング・ドーン撮影と成長の軌跡(翻訳1)
[Robert Pattinson and Kristen Stewart on the cover of Premiere magazine (France)―Translation#2]
 
仏プレミア誌、クリステン・スチュワートのインタビュー記事/ブレイキング・ドーン撮影話と成長の軌跡 ―翻訳 #2

フランス版「Premiere(プレミア)」誌に掲載されたロバート・パティンソン&クリステン・スチュワートのインタビュー記事から、今回はクリステンの箇所を紹介します。なんといってもトワイライトシリーズの主役ベラを演じた彼女のインタビュー、ぜひチェックしてみてください。

※尚、本編のフランス語をファンの方が英訳、それを元の和訳しているため、多少表現が異なるかもしれませんがご了承下さい。



Kristen Stewart's Interview―

Q:トワイライト1作目は10代のラブストーリー、2作目は三角関係、3作目はまるで戦争映画のようでした。あなたならブレイキング・ドーン(Breaking Dawn)をどう表現しますか?
Kristen:どちらかというとファミリードラマね。前作と比べると、皆がまとまっているわ。この映画の最初は、今までとはまったく違ったものになっているの。私が思うに、このシリーズにとても必要だった、楽しさ、軽さ、そしてみんなの幸せがあるもの。もちろん、それも長くは続かないんだけどね。

Q:1作目が私のお気に入りであることは認めます。だから、2作目3作目がただストーリーを引き伸ばしているように感じましたが。
Kristen:そうね、同感だわ、1作目は特別だから。オリジナルだし、それだけで話が成り立っていた。原作はよくまとまっていたから、ステファニー女史の手腕は明らかだった。3作品を作る話のピークだわ。だから、このグランドフィナーレは、とてもエキサイティングね。

Q:ステファニー・メイヤー女史は1作目の後に4作目の大まかなラインを書いたと聞きましたが、そうなると2&3作目の埋め合わせも説明がつきますよね。
Kristen:それは、知らなかった。けれど、1作目から4作目の結婚式へすぐ話が進むのは、道理に合わないわよね。あと、私達が1作目を撮影している時に、ステファイにー女史が4作目を執筆していたのを覚えているわ。その時のことを思い返すと、とてもクレイジーに思うの。あの当時誰も知らなかったんだもの、全くの他人だった。出演者、監督、脚本家みんなが会うと、恥かしそうに「ハロー」って挨拶していたのよ。それが今は、とっても仲良くなった。不思議よね。

Q:1作目の撮影をしている時、あなたは17歳でしたね。このシリーズを撮影している4年間でどう変わりました?
Kristen:これほど長いプロジェクトに携わっていると、包囲されているのを感じるわ。自分自身を守る用意が必要というか。全ての映画で私はそう感じたわ。トワイライトでは、多くの観客とその情熱を分かち合うことが出来た。ある一定レベルの名声を手に入れると、そのシリーズは批判をされるけれども、そうなるとますます作品を擁護したくなる自分がいることに気がついたの。この経験は、自分をオープンマインドにするのに役立ったわ。若い時は、なにかを強く感じたとしても、それを口で表現することが出来なかった。けれど、とても成長したわ。この分野は、新しいプロジェクト後に、自分自身を形成し、少しずつ抑制していてものに抵抗するのを助けてくれる。この仕事を始めたのは10代だったけど、自分自身、肉体も魂も、より理解できるようになるわ。自分自身をコントロールできるようになると、そのシーンで要求されているものを理解することが出来る。全ての映画にいえることだけど、トワイライトは私を成長させてくれたわ、他の映画よりも少し早くね。

 

Q:2作品の間に、"The Runaways"と"Welcome to the Rileys"の撮影をしましたね。強く独立心のある役ですが…
Kristen:意識したわけではないわ。私は引っ込み思案だから、真逆のキャラクターを演じることで埋め合わせをしているのかも。けど、弱々しい役を演じることに抵抗はないのよ。きっと、そういう役を演じるのは楽しいでしょうね。

Q:"ブレーキング・ドーン(Breaking Dawn)"の撮影を長く感じる時はありましたか?
Kristen:時々何度も繰り返すから、前作のシーンをまた撮影している気分がしたわ。そのシーンが特別だったわけではないけど、"Groundhog Day"のビル・ミュレイのように感じたわ。特に、ルイジアナのバトンルージュでは長く室内にいなくてはならなかったから。外での撮影の前に、室内の撮影をしたの。親密なシーンで、たくさんの台詞があったの。それを際限なく1つずつ撮影した。もう一生終わらないのかと思ったわ。特に私みたいに、5分で撮り終わるインディペンデント映画に慣れているとね。それから、カナダへ移動したけど、とても寒かったわ。やっと外に出て喜ぶどころか、暖かい室内に戻りたくてしょうがなかった。最悪だったわね。ブラジルの新婚旅行のシーンも雨季だったし。

Q:この映画のキーになる瞬間は何ですか?
Kristen:ファンが一番心待ちにしているのは、結婚式、ラブシーン、そして出産シーンよね。カタルシスね。


| source : English Translation [RP Life] Thank you! | JP Translation mina and cat (C) Robert Pattinson Press-Japan |
|JUGEMテーマ:外国映画の女優トワイライト ステファニー・メイヤーRobert Pattinson|
 
English text is published on the next page» 
 
 

Robert Pattinson and Kristen Stewart on the cover of Premiere magazine (France)―Translation#2


P: The first Twilight movie was a teenaged love story, the second a love triangle and the third, looked almost like a war movie. How would you describe Breaking Dawn?
K: It’s more a family drama. Contrary to the previous films, everybody is united in this one. The beginning of the movie sets up a ton that literally departs from the other movies, which in my opinion was what the saga truly needed. It’s fun, it’s light, we finally see the characters happy. Of course, it doesn’t last long…

P: I admit I have a soft spot for the first movie. I felt like the next two were just there to stretch the story in vain.
K:I understand and I agree, the first one had something. It was original and stands out by itself. I felt like the book was well represented, that Stephenie’s hand was visible. It’s the peak of the story we tried to build for 3 movies. It’s the grand finale with all the excitement that goes with it.

P: I read that Stephenie Meyer wrote the grand lines of the fourth book right after the first one, which could explain this ‘padding’ side of the second and third book.
K:I didn’t know about that. But it’s true that it wouldn’t be absurd in the sense that we could go directly from book one to the wedding in the fourth. At the same time, I remember Stephenie was writing the fourth book while we were filming Twilight. When I think back to that period of time, it seems so crazy to me. Nobody knew anybody, we were all different. I can see us again, actors, directors, screenwriters, going up to each other and said sort of shyly ‘Hello everyone.’ Now that we’re all so close, it feels weird.

P: You were 17 when you filmed the first movie. How did those 4 years of filming the saga changed you?
K:When you spend time on a project that asks for so much work, you have to feel invested; ready to defend it with your body and soul. That’s how I feel for all my movies. Twilight helped me share this passion with a bigger audience. Like everyone who reaches this level of fame, the saga is criticized a lot, but I realized that it only made me want to defend it even more. This experience helped me open up. When I was younger I felt things more strongly but I wasn’t always able to put it into words. I made tons of progress. In this field, every new project shapes you, helps you fight against your inhibitions little by little. I was a teenager when I started and I think you get better as you learn to know yourself, to make your body your own. It’s after you gain this control over yourself that you’re able to lose it when a scene demands it. Like every movie, Twilight made me grow up, maybe a bit faster than the other ones.

P: Between two movies, you filmed The Runaways and in Welcome to the Rileys. Strong and independent characters…
K:It wasn’t a conscious choice. Seeing as I’m a natural introvert, I guess I have to compensate by playing those kind of roles. But I’m really not against the idea of playing more weak and vulnerable characters. It would be fascinating.

P: Did some days seem long on the filming of Breaking Dawn?
K:It was repetitive sometimes to such an extent I felt like I was filming again scenes from the previous movies. It doesn’t mean they’re not crucial to the story but some days I felt like Bill Murray in Groundhog Day. Especially when we had to stay quite some times in a house in Louisiana, Baton Rouge. We filmed all the inside scenes before going outdoors. It was intimate scenes with lots of feelings, dialogues; we filmed them all one by one endlessly. I thought it would never end, especially when you, like me, are used to independent movies that are made in 5 minutes.
Then we left for Canada, where it was freezing. Instead of being happy to finally be outside, we were dying to go back inside to get warm. The timing couldn’t have been worse. Even when we filmed the honeymoon scene in Brazil it was raining season.

P: What were the key moments of filming for you?
K:The ones the fans are waiting for the most: the wedding, the first love scene, the birth scene. To finally put them on tape was cathartic.

| source : English Translation [RP Life] Thank you! |
| Translation(Mag Article) | Date of Japan @2011.09.10 Saturday..Time- 14:45 | comments(1) | - | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
こんばんは。claraさんnayuさん、記事の紹介ありがとうございます。

「ブレイキン・ドーン」公開が、そしてシリーズの終幕も、近づいてきてるんだなーって感じます。
僕は本を読んでないので、先のストーリーを知りません。だから、4章に関する記事は興味と我慢の間で揺れながら、チラチラと見て楽しんでます。
「蝕」公開後、ベラが妊娠・出産すると知って驚きました。「そこまで語るのか?」って。恋愛モノで。
RPP-ジャパンで、公開に向けた熱気に触れられる気がします。4章関連記事では、結婚式のシーンが、ファンやメディアの注目を集めてるのが意外でした。結婚式は、ただ形だけの儀式って、印象なので。そうそう、映画の「蝕」冒頭でベラが言ってた( よく憶えてないけど )、「結婚なんて書類だけのもの」みたいな。そういうのが僕の結婚式の印象なので。


@claraさん(8月22日付記事のコメント欄)
室内間接照明なのに、目に直のパソコンのバック・ライト、MAXですか( 笑 )。目ぇ大丈夫ですかね( 笑 )。
僕も自分の目が心配です。夜、メインの照明消してて、卓上スタンドのみなので( 節電じゃないですよ)。
| q | 2011/09/11 12:44 AM |










 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (06/30)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (06/30)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (03/06)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (03/06)
  • ベン・バーンズ、トワイライトのエドワード役にならなくて、今はほっとしたかも・・
    通りすがり (02/19)
  • RPPJの英語翻訳お手伝いしてくださる方ぜひお声掛けください♪
    Mr.Eguchi (02/18)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    白☆ (12/11)
  • 映画『Maps to the Stars』7/22トロントのセットでのロバート・パティンソン
    clara (08/04)
  • 映画『Maps to the Stars』7/22トロントのセットでのロバート・パティンソン
    白 (07/27)
  • Dior Homme 新ショットのロバート・パティンソン
    clara (07/04)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ