Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

ロバート・パティンソン参加 Comic Con 2012 日本語翻訳済み記事一覧更新
―Master Post for now with all Updates from Comic Con 2012 (Japanese translation)ー

Comic Con 2012 日本語翻訳している動画・記事一覧

日本時間7月13日深夜よりサンディエゴで開催されたComic Con 2012の当サイトで日本語翻訳した動画・記事を一覧にしています。この記事をマスターとし、これ以降にUPするものも順次追加予定、この記事は更新した際にサイトのトップに置いておきますね。尚、各記事副題はこちらでつけているものです。

最終更新 2012.07.23  01:29am JST Update :
いよいよパネルディスカッション後半部分の動画を紹介します♪
※この動画をminaさんお一人で翻訳していただきました、心より感謝いたします!
【MTV Coverage : MTV News' Comic-Con Takeover: 'Breaking Dawn' Special 動画】

MTVのジョシュ・フォロヴィッツによるMTV放送,ライブでロバート・パティンソンとキャスト出演
日本時間 7月13日 午前2時〜4時
▼日本語翻訳 (Japanese translation)▼
映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」スペシャルインタビュ (ロブ・クリステン・テイラー編) ロバート・パティンソンがなんとバンド関連新作の話題も!?
トワイライト続編について原作者ステファニー・メイヤー氏に直撃

【記者会見 Press conference 動画】

日時:日本時間7月13日 午前3時〜4時15分
場所:サンディエゴ、ヒルトン・ベイフロント・ホテル、Hホール
▼日本語翻訳 (Japanese translation)▼
MTV ≫
クリステン・スチュワート、映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」のR指定セックスシーン語る "野生的なセックスをするの"
Clevver TV ≫ Full Breaking Dawn Part 2 Press Conference (1)
Clevver TV Full Breaking Dawn Part.2 Press Conference (2)
Clevver TV ≫ Full Breaking Dawn Part.2 Press Conference (3)

【Paner パネルディスカッション 動画&テキスト】

日本時間 7月13日午前4時45分〜5時45分
▼日本語翻訳 (Japanese translation)▼
Comic Con 2012 トワイライト勢のパネルディスカッション翻訳Part.1.
Comic Con 2012 パネルディスカッションで紹介されたトワイライト最終章ミニクリップの話題
Comic Con 2012 トワイライト勢のパネルディスカッション翻訳Part.2

【Press Line Interviews 各メディア取材 動画】

▼日本語翻訳 (Japanese translation)▼
Clevver TV & Hitfix 他合同取材 ≫
最終章は今までにないセンチメンタルで最高の出来、いい父親も演じてる
Fandangoトワイライト続編ならベラとバトルがいい!
Access Hollywood ≫ トワイライト終了後は普通に来たいComic Con,トワイライトファンについて/エドワード&ベラの子演じる子役マッケンジーには誕生秘話を封印?!(動画2本)
Buzzsugar ≫ クリステンとヴァンパイア談義、ヴァンパイアなら先輩のロブ/Extra TV:ロブとクリステンは共演を望む!トワイライトが終わったらファンは?(動画2本)

【Press Line Interviews 各メディア取材 記事】

▼日本語翻訳 (Japanese translation)▼
EW ≫
Comic Conには出演者として帰ってきたい



|Pictures via [RPLife] and more Thanks | Translation mnina and Chi (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.23 Monday..Time- 01:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Comic Con 2012 トワイライト勢のパネルディスカッション翻訳Part.2
―Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Panel: Part.2ー

comic Con 2012 トワイライト・キャストによるパネルディスカッション- Part.2

日本時間7月13日深夜より注目のトワイライト勢が参加した今年のComic Con 2012の様子を順次紹介中ですが、いよいお大詰めの主要キャストに加えて新たに加わった新キャストも登場したパネルディスカッション後半部分の様子をお知らせします。


Youtube Link () Thanks



Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Panel: Part.2


ーコミコンにプライベートで来場するならどんな悪役に変装する?ー

質問者:
もしプライベートでコミコンに来るとしたら、どの悪者に変装したいですか?それから、ロブ、あなたのネームプレートもらえませんか?
Rob:え?これ?いいよ、もちろん♪(小声で「じゃぁ紙飛行機にしちゃおう」と真剣に折り始めるロブ、テイラーと笑いながら)
Kristen:そうね〜私なら、白雪姫の悪い女王かな。(笑 一同歓声)
Rob:(返答に困りながら)んー、僕は君たちみたいに変装するよ!(笑)
司会:って、悪者に変装する習って、質問だったけど
Rob:あー、(ちょびっと赤面のロブ、困惑)どうしよう。じゃぁ、Zod(DCコミックスに登場する悪者)にするよ。「ひざまずけ〜」みたいにね。(笑)

-
ー未完のエドワード物語「ミッドナイト・サン」再始動の可能性についてー

質問者:
私はステファニー(メイヤー)さんに質問です、もしかしたらロブにも関わることかも。


(テイラーに「どの子だったっけ?」と話しかけ「あっちの方のあの子!」とテイラーが指さした方に飛行機を飛ばす律儀なロブ)

質問者:(続き)「Midnight Sun」は未完のままですが、いずれエドワードの視点からの作品を何かの形で発表する予定はありませんか?
Stephenie:そうね。ロブ、今何か執筆中の物とかないの?空いた時間なんかに書いていない?
Rob:え?質問は何だって?(笑いながら、一同笑)
Stephenie:あなたが、エドワードの視点からみたトワイライトの世界を書く気はないか?ってあなたへの質問よ。(mina:ステファニー真顔です。)
Rob:そう、僕がこれから書く予定があるかって話か〜。
Stephenie:でも、実際彼が書いたらもっと良いと思わない?最高よね、いい考え♪私個人に関して言うと、次の夏で、ヴァンパイアーに関して執筆するのはもう次の夏で10年になるの。本にはなっていないけれど、その間にこの映画を撮っていた。嫌いになったわけではないけれど、ちょっとヴァンパイアーからは離れてモノを書きたいなと思っているところなの。もう絶対書かないという訳ではないのよ、ちょっとお休みがしたいの、だからお返事はこのところしばらくしていた通り、直近には書く予定はないわ。申し訳ないけれど。皆さんの事をがっかりさせて申し訳ないわ。でもこの新しいアイディアとっても気に入ったわ、この話が進むといいわね♪ありがとう。


ー本編でカットされたシーンでお気に入りは?ー
質問者:
自分の登場したシーンで、映画からカッとされてしまったシーンの中でお気に入りの物はどこですか?
司会:この作品で、と言う意味ですか?それとも…
質問者:シリーズの中から、でお願いします。
Nikki:テイラー、私たち、dog bowl(犬の投げ合い)シーン撮ったわよね。
Taylor:そうだよー、そうだったね!
Nikki:やだー、忘れないでよ。私は忘れられないわ。私あなたにボールを投げつけられたのよ!
Taylor:そうだったねぇ、僕は一晩中彼女にボールを当ててばっかりだったんだ。
Kristen:そーだ!あのシーン入っていたらよかったのにね〜!
Taylor:ホントだね!僕一度、カメラマンの急所に当てちゃったんだ。
Nikki:私にはもう散々当ててたわよね。
Taylor:そうだよー、頭に命中しちゃったことも何度かあったよー。何度も髪のセットをし直しては、また散々当てて、百万回くらい撮り直したよねー。
Kristen:それで、ロザリーが「あなた私の髪の毛を乱したわね!」みたいな返答して。(ニッキーとクリステン笑)
Taylor:ほんとだ、あのシーンどうしてカットされちゃったんだろう!でもきっとDVDのデリーテッドシーン集(ディレクターズカット)には入るだろうな。(笑)


(会場からクリステンに「結婚してください」と声が掛かり、「それはちょっとへヴィーすぎる質問だわ」と返答するクリステン。司会からも、「今はパネルの最中だからね」)

(4:30)

ーずっと続いたらいいのに、そんな思い出のシーンは?(クリステン)ー
質問者:
私はクリステンへの質問です。トワイライト映画でのアートデザインが素晴らしいと思います。配色、セット、衣装どれもデザインもとても素敵ですね。
ずっとここにいられたらいいのに、と思うようなシーンはどこでしたか?今、こうやって質問をしながら周りを見回して、なんて嬉しい事かしら、ここにいられて本当にうれしく思っています。
Kristen:そうね〜
Taylor:もう、毎日でも…だろ?
Kristen:そうね、どのセットもとても美しく出来上がってたわね。私、今とても正直に返事をするわ。私の結婚式、あれは本当に美しかった。俳優として、そのシーンセッティングに身も心も近づきたいと思う瞬間っていうのがあるの、あのシーンの撮影の時は、本当に何もかも忘れて、頭の中は空っぽだったわ。五分おきに、わぁ嬉しい!ありがとう!と言う思いを繰り返したの。


ー情熱のブラジルロケについてー
質問者:
ブラジルから来ました。ブラジルのファンを代表して質問します。リオでの撮影はいかがでしたか?
Rob:テイラーに、「先にどうぞ」ってフリそうになっちゃった。ブラジルの撮影は僕らだけだったね(笑)素晴らしかったよ!僕にとっての初めてのブラジル、南米も初めてだったから、とても嬉しかったよ。大勢のエキストラに囲まれて、町の興奮も伝わってきて、すごい熱気だった。カメラが回ってる間も変わらぬ熱気で、歩きながら抱き合ったりってのがフツーに起こって、なんかすごかったよ。
Kristen:それからあのダンスの雰囲気は本場ならではだと思ったわ。あれはニューオーリンズのエキストラでは、また違った出来になったでしょうね。とっても自然だった、変な白い二人がやってきて、それでも普通に情熱的なダンスをしていて、まさにこれがライブだわ!って思ったもの。
Rob:それから、パラキ?だっけ?そうそう、パラチと言う町。
Kristen:ロブは少しポルトガル語を覚えたのよ。
Rob:あそこは本当に美しくて、食べ物もおいしい、今までに行ったところで一番気に入っちゃった。
Kristen:私は何の時か忘れてしまったけれど、ブラジルには以前に行ったことがあった、でもあの自然に人々が抱擁したり、熱く愛を語り合うあの様子、とても情熱的で良いと思うわ。


ーヴァンパイアーを演じた感想は?(クリステン)−
(7:44)
質問者:(幼い女の子の声)あのー、私の質問はクリステン・スチュワートさんに宛ててです。(笑 一同、可愛〜い♪の微笑み)やっとヴァンパイアーを演じることができて嬉しかったですか?
Kristen:う〜ん、とっても♪とっても楽しかったわよ。今までずっと欲しいと思っていたものがやっともらえた時のような気持だったわ。最初からヴァンパイアーを演じていたらまた気持ちが違ったと思うけど、それはそれで楽しかったと思うけどね、でも、待ちに待ったあの役!まるでクリスマスを心待ちにしていても、でもなかなか来ないでしょ?だから、ついにその時が来たときは、よっしゃー!みたいな、そんな気持ちだった。とっても楽しかったわ。あなたって本当にかわいいわね♪(一同笑)

-
ーブレイキング・ドーンでのキャラを演じるあなたがトワイライト時代のそのキャラにアドバイスするなら?ロブは厳禁下ネタとかつらの話題ー
質問者:
もしあなた自身、Breaking Dawnで演じるキャラクターが、トワイライト時代のそのキャラにアドバイスをするとしたら、どんなことでしょうか?
司会:面白い質問だね。
Rob:「ズボンの中にちゃんと仕舞っとけ」ってとこかな。(一同悲鳴〜大爆笑 隣でマッケンジーの耳をふさぎたかったとジェスチャーするクリステン)
時々、ここにお客さんがいることをうっかり忘れちゃうんだな、僕。


(別アングル写真より/テイラーからネームプレートの裏を指さされて注意されるロブ。※mina:発言中の注意点などが掛かれていたのでしょうか。笑)

Rob :あらら。そっか、僕がアドバイスするとしたら…そうだなぁー、「髪の心配をしてこの世の人々みたいにカツラをかぶるな」って言うかな。(一同爆笑)Breaking Dawn Part.2の最後の方のシーンの再撮影が数週間前にあったんだけど、その時初めてカツラをかぶったんだ。(clara:このころ坊主にしていましたね) 信じられなかったよ、僕のトワイライトの最後の二日間はオレンジ色の髪の毛のズラかぶってなくっちゃいけなかったなんて!なんかしっくりこなくってさー。なんでまた、カツラの話題なんか持ち出しちゃったのかわかんないけど。(笑)


ー撮影中のお気に入りシーンー
質問者:撮影中のお気に入りのシーンはどれでしたか?
Kristen:私は狩りのシーンよ。原作の中にはもっと好きなシーンがたくさんあるけど、でも撮影で、と言うなら間違いなく狩りのシーンだわ。走るのが、なんだか無性に楽しかったの。Breaking Dawnに関してだけ?それともシリーズ全体で、でもいいのかしら?
質問者:Breaking Dawn Part.2に関して、でお願いします。
Taylor:僕もあるよ、もちろん他にもたくさんの好きなシーンはあるんだけど、僕がクリステンに"刻印した"と伝えるあのシーン。(観客歓声)
Kristen:そうね、私もあのシーンも好き。面白かったわ。
Taylor:あのシーンの撮影は、面白かったし、おっかしくて仕方がなかった。
Kristen:そうだったわね。
Taylor:結局とても良く仕上がってたから良かったけど。
Kristen:あのシーンの撮影にはあまり広い場所が確保できなかったの、でも私は彼を100フィート投げ飛ばすような勢いで演じなくちゃいけなかった…
Taylor:そう、競技場の端から端まで飛ばす感じでね
Kristen:そう、その通り。で、ビル(コンドン監督)に、でもここには20フィートくらいしかないけど、どうすればリアルに見えるかしら?って相談したくらいよ。結局、大声でオーバーリアクションするしかなかったわ。
Taylor:でも、上手く演じたと思うよ。
Kristen:あの撮影は楽しかったわね。
Taylor:でも、僕はあの後筋肉痛だったよ。(クリステン笑)
司会:ほかに誰かどうですか?
Mackenzie:私は、狼ジェイコブに乗るシーンよ。とっても楽しかったわ。実はちょっと大変だったの、私歯が抜けちゃったし。
Kristen:そうだったわね!でも綺麗に生え揃ったじゃない!
Mackenzie:でしょ!今は、大人の女の子の歯なのよ♪(一同笑)


ーシリーズ中最もたいへんだったのは?(ジャクソン&アシュリー)ー
質問者:
トワイライトシリーズの中で最も大変だったのはどんなところでしょうか?
Ashley:コンタクトレンズよね。(そうだね、と一同同意)
Jackson:そうだね、あのヴァンパイアーのメイクアップにコンタクトレンズ装着、あの一揃えは本当に大変だったね。あのコンタクトレンズは本当に塗ってあるものだから、そこしか見えないんだよ、双眼鏡みたいな感じかな、そんなのをつけて、演技して、戦って、ってしなくちゃいけなかったのに、前にいる人さえよく見えない。あれは本当に大変だったよ。でも、かっこいいだろ?面白かったよ。(観客歓声)
Ashley:みんな賛成してくれたわね♪
Jackson:ルックスが良ければ何だっていいんだよ!あれは、面白かった。

減量での食事制限について(テイラー)
(13:11)
質問者:テイラーに質問です。僕はあなたに影響されて75パウンド(およそ30キロ)減量しました。食事規制をごまかしたいと思った時はありましたか?
Taylor:まず、あなた、とてもいい体格ですね。(観客歓声。隣で笑うロブ)僕はこのシリーズの撮影中、とにかく食べて食べて食べ続けなくちゃいけなかったんだ。とにかくたくさんプロテインを摂取しなくちゃならなかった、普段そういう生活をしていなかったから、あれは僕にとってもチャレンジだった。でも、撮影が終わった今は、急かされることなく、健康的に生活できているのは嬉しいね。体を動かすことが好きだから、ウェイトリフティングはまだ続けているけど、フットボールにバスケットボールどれも楽しくプレーしているよ。あなたも体格維持、頑張って。

トワイライト・ヴァンパイアー新旧勢ぞろい
司会:
Breaking Dawn.Part.2は今までのトワイライトシリーズの中でも最もスケールの大きいものとなります。ここで、世界中のトワイライトのヴァンパイアー一族の皆さんをお迎えしましょう。(ひとり席から立ち上がって迎えるテイラー。後から、ロブも加わります。)
まずはデナリ族。カルメン役 ミア・マエストロ、ケイト役 ケイシー・ラバウ、イリーナ役 マギー・グレイス
アマゾン族のセナ役 トレイシー・ヘギンス、ザフリーナ役 ジュディー・シェコーニ。
エジプト族のティア役 アンジェラ・セレファイアン、ベンジャミン役 レミ・マレック。
ルーマニア族のウラジミール役 ノエル・フィッシャー、ステファン役 グーリ・ワインバーグ。
アイルランド族のマギー役 マーレーン・バーグ、リアム役 パトリック・ブレナン。シボーン役 リサ・ハワード。
アメリカン ノマドのメアリー役 トニー・トラックス、ランドール役 ビル・タングラディ、シャーロット役 ヴァレリー・コリー、ピーター役 エリック・オドム、アリスター役 ジェリル・アンダーソン。



司会:それでは、みなさん。Breaking Dawn Part.2のキャストの皆さんに温かい拍手をお送りください。全米公開は11月16日です。最新情報はフェイスブックやツイッターをチェックしてください。
キャストの皆さんと、原作者に温かい拍手を!(観客大歓声)




(紙飛行機を手にしているロブ)

一部カットされている箇所もあるようですが、少しでもこの雰囲気を楽しんでいただければと思います♪

| source [EatEditEtc] via [RPLife] Thanks | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.23 Monday..Time- 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Comic Con 2012 パネルディスカッションで紹介されたトワイライト最終章ミニクリップの話題
―'Breaking Dawn Part 2' clips from Comic Conー

Comic Con 2012 トワイライト勢のパネルディスカッション翻訳Part.2 (新シーン動画チェキ)

Comic Con 2012 のトワイライト勢によるパネルディスカッションの様子を順次紹介していますが、次は前半で上映されたという2つの新シーン動画の話題について取り上げてみたいと思います。尚、海外サイトでは動画も挙がっていますが、こちらではライブでのファンによるチェキのみで雰囲気だけでも紹介できればと思います。あしからずご了承ください。

まずはパネルディスカッションで最初に紹介されたクリップです。



Clip 1 動画のファンによるチェキ【ネタバレ注意】

Breaking Dawn Part.1のラストのシーン。ベラが目を開けた瞬間、彼女は今までのぼやけた人間の視界から一転して、全てを"見る"ことができる新しい視界に驚く。人間の目では気づかない壁の小さなひび、空気中に舞うちいさな埃、そしてその視界はエドワードへ。彼の手へ目が移り、ベラはまた自分の手のひらを見つめる。彼女は自分の指に結婚指輪がはめられていることを改めて確認し、彼を抱きしめようと歩み寄っていく。
-
そんな彼女の、想像以上に力が強いことに痛みを覚えてたじろぐエドワード。「今度はぼくが傷付けられる番の様だね」。そしてエドワードはベラに、「君は美しい」と語りかけ、鏡の前に立たせてみせる。彼女は鏡に映る自分の新しい瞳に見入る。彼女はすぐさま我が娘に会いたがるが、エドワードは先に狩りに行って充分に"満たす"ことを勧める。
-
森の中を走り抜ける二人を追うカメラ。2人は超高速で疾走し、そんな彼らの目線で進みながらも(観客が見られるように)少し遅めに送られるコマ。そして、ベラは再びすべての物が見える自分を更に再確認する。花が咲く様子、クモの巣をつくるクモたち。スパイダーマンに掛けたのか?
-
流れるように滝を飛び越すベラに、エドワードは耳をよくそばだてるように言う。フクロウの鳴き声、そしてシマリスが近づき・・・・ついに鹿が姿を見せる! 一目散に鹿に向かうベラ。ところがすぐさま彼女は、遠くのハイカーが手を切ったことに気付く・・・。
-
自分をコントロールできないまま、ハイカーに向かって走るベラ、襲おうと石へ登る。エドワードはベラに人間を襲わせまいと阻止する。エドワードはベラに、年齢を重ねたヴァンパイアーといえども人間の血の香りの誘惑に負けてしまうのに、よく我慢していると話して諭す。彼女はしばらく怒っているが、人間を襲うことをやめ、山から森へひとっ跳びする。結局、さっきの鹿を追うことにし、彼女は獲物をしとめようと近づいた瞬間、クーガーがあらわれる。
-
彼女はジャンプして、空中でクーガーを捕まえ、切り裂く。鹿を襲うことなく森へ逃がしてやるベラ。やがてエドワードとベラは家路へ向かい、家ではジェイコブが迎えてくれる。ジェイコブはベラの新しい瞳にまだ慣れないと言う。
-
ジェイコブは赤ん坊の話題をし、ベラが「一体いつからあなたがレネズミの事を気にするようになったの?」と聞く。
-
エドワードとジェイコブは、ぎこちない視線を交わし、ベラはジェイコブの臭いをかぎ、他のヴァンパイアーたちが言っていたことがようやく分かったと言う、本当に彼は"犬臭い"と。彼は微笑んで、君たちは本当にお似合いのカップルだよと言う。
(参考スクリプトに多少文章を加えています:clara)

Clip 1 *~ SPOILER ALERT ~* ※参考スクリプト
Coming Soon transcript

We start from the moment that Part I ends. Bella has just opened her eyes. She sees everything. Tiny cracks in the walls. Dust in the air. Edward. She looks down at his hand and then at hers. She sees the ring and moves to embrace him.
She’s stronger than she thinks and he winces in pain. “It’s your turn to break me,” he says. He tells her she’s beautiful and takes her to a mirror. She looks at her new eyes. She wants to see her daughter, but Edward says that she needs to hunt first to get her strength. We cut to them running through the woods. They’re moving super-fast, but the world slows so we can see their perspective. Again, Bella sees everything. Flowers in bloom. A spider spinning a web. Spider-Man?

Bella leaps, gliding over a waterfall. Edward tells her to listen. She hears owls. A chipmunk. Finally, a deer! She moves in for the kill, but — all of a sudden — there’s a mountain climber in the distance who cuts his hand. Unable to control herself, she races, rapidly climing to rock to attack. Edward won’t let her attack the climber. He tells her that she’s doing great and that even experienced vampires have trouble with resisting the smell of human blood. She’s angry, but stops her approach, jumping right off the mountain into the woods. Deciding to go after the deer after all, she stalks her prey. Just as she’s about to attack, however, a mountain lion moves in.

She leaps, catching the mountain lion in mid-air and tearing it apart. She takes its life instead, letting the deer run free. Edward and Bella head back to the house. Jacob is there and comes out to greet them. He tells her that her eyes are weird.
He mentions the baby and Bella asks, “Since when do you care about Renesmee?”

Edward and Jacob exchange an awkward look. Bella smells Jacob and tells him that she finally realizes what everyone has been talking about: he really does stink. He smiles and tells them that they’re a beautiful couple.


そしてもう1つの短いクリップが紹介されました。

Clip 2 動画のファンによるチェキ【ネタバレ注意】

次の動画は、もう少しストーリーが進んだころで、ベラがカレン家のメンバーに人間らしい振る舞いの仕方を教えてもらっているシーンが映し出される。ベラは父に真っ赤に変化した瞳が悟られないよう、アリスが用意してくれた特別なコンタクトレンズを装着するが、ヴァンパイアー特有の超高速、超怪力な体を調整することになかなか慣れない様子。椅子に座るよう指示したり、まっすぐ立っているように指示されるベラ。「人間はそんなことしないんだよ」とカレン家のメンバーに言われ、言われたとおり毎分少なくとも3回は瞬きしてみせるベラ。一生懸命努力はするものの、まだまだ演技のようにしか見えない。ジェイコブに「アニメの主人公にしては上手だよ!」と言われるしまつ。
(参考スクリプトに多少文章を加えています:clara)

Clip 2 *~ SPOILER ALERT ~* ※参考スクリプト
Coming Soon transcript

The next clip is later on and Bella is taking lessons from the Cullens about how to act human. She has special contact lenses for her eyes, but can’t stop moving with super-speed or super strength. They try to get her to sit in a chair, telling her that she’s sitting to straight. “Humans don’t do that,” they say, reminding her blink at least three times every minute. She tries, but looks forced doing so. “That’s great,” says Jacob, “For a cartoon character!”



| via [RPLife1/2] and more, Thanks  | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.21 Saturday..Time- 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Comic Con 2012 トワイライト勢のパネルディスカッション翻訳Part.1
―Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Panel: Part.1ー

comic Con 2012 トワイライト・キャストによるパネルディスカッション- Part.1

サンディエゴで日本時間7月13日深夜より始まった今年のComic Con 2012の、映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」豪華キャストらがずらりと勢ぞろいした注目のトワイライト勢の様子を順次紹介していますが、今回はファンイベントとして盛大に盛り上がったパネルディスカッションの様子を2分割の動画(パネル質疑応答)と、それに付随した翻訳を紹介します。まずは、冒頭前半のパネルディスカッションの様子が収録された動画です。


Youtube HD Link (EatEditEtc) Thanks



Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Panel: Part.1



司会:さて、これが今回のコミコンで、トワイライトサーガ ブレイキングドーン Part 2のキャストの皆さんが登場する最後の機会となるイベントです。
-
1つの時代の区切りともなるこの作品がいよいよ最終章を迎えます。すべては、この場所で4年前に、ここにいるファンの皆さんと共に始まりました。今日ここでまたみなさんと、最高の、制作の裏話、より多くのキャストと共にこの時間を共有できることを嬉しく思います。
-
このイベントを始める前に、皆さんと黙とうを捧げたいと思います。ジセラ・ギャグリアルディさん、とても残念な事故で二日前に亡くなられました。私たちの心の中に、ジセラはいつも共にあり、この大変な時間をご家族そして友人の皆さんが、上手に乗り越えられますように。

(注釈:このイベント開催時に、残念ながらこのイベントを楽しみに数日前から宿泊していたファンの一人が不運な自動車接触事故に見舞われ亡くなったというものです。日本の公式Twitterでもお知らせがありましたね。謹んでお悔やみ申し上げます。)
参考 mynavi 『トワイライト』シリーズの熱狂的ファン、コミコン会場で事故死
(黙とう)
-
司会:それでは、始めましょう。
ステージにまず登場するのは、主役の三人。テイラー・ロートナー、





ロバート・パティンソン、クリステン・スチュワート。
それから、多くのファンがここで会うのを心待ちにしていた人々を紹介しましょう。
レネズミ役のマッケンジー・フォイ、いいムードだね、気に入ったよ!
-
司会:4年前のコミコンにも登場してくれた、このシリーズの生みの親、そしてブレイキング・ドーンのプロデューサーでもある、ステファニー・メイヤーさん。
そして、ビル・コンドン監督もこの壇上に是非来たかった人の一人ですが、今は別の映画の撮影でロンドンにいますが、スペシャルメッセージとサプライズを届けてくれました。それではその動画を見てみましょう。
(mina:動画はこの動画からはカットされているようですが、テキストが挙がっているので、テキストのちほど。)

-

司会:最初にステファニー・メイヤーさんから始めましょう。ここでこうやって、Part 2へのフッテージ(導入動画)を見、そして映画の公開もついにたった4ヶ月先となりました。Breaking Dawn Part.2、最終章がいよいよ近づきどんなお気持ちですか?そして、ファンの皆さんがこれから体験する最終章で、どこが一番のおすすめですか?
Stephenie:ちょっと、質問が多かったわね。そうね、こうやって皆さんと一緒にフッテージを見て最初に思ったのは、ビル・コンドン監督にこのファンの皆さんの熱狂絶叫を聞かせてあげたかった、ということね。ファンの皆さんの反響をきっと、喜んだに違いないわ。(遠くでクリステンも、「私も同感」と。)
良い動画だったでしょ?(ファン絶叫)でも、映画はもっと素晴らしいのよ。キャストのみんなが、あの世界をリアルにそして素晴らしく再現してくれた。あの世界をまたさらに深めてくれたと思うわ、それがとても嬉しかった。
それから、私が答えていない質問は何だったかしら?
-
司会:ファンの皆さんへのお勧めは?
Stephenie:そうね、私は、この素敵な女性(クリステン)、そしてこの小さな素敵な子(マッケンジー)が、ファンの皆さんもやっとこの子に出会えたわね、彼女は素晴らしい演技をしてくれたわ。クリステンのかっこいい、パワフルなヴァンパイアー、ベラ、それが生で見れるなんて、私には夢の様よ。

-

司会:それは素晴らしい滑り出しだね、それでは、クリステン。
ファンの皆さんは、ずっとベラの転生を心待ちに4本の映画と共に歩んできました。この最終章はあなたにとってどんなものでしたか?
Kristen:そうよ、私もとても待ち遠しかったわ。ベラがヴァンパイアーの「慣らし」をしていく様子、初めて乗る車のポテンシャルを確かめるってイメージよ。今までに色々なヴァンパイアーを見てきたけれど、トワイライトのヴァンパイアーはまた一味違うわよね、今までに知ってたヴァンパイアーとはまた違う。ベラは特に違った一面を持っているのね。(会場のファンから、「あなたってとっても綺麗よ!」と叫び声「ありがとね!」とクリステン)他の(トワイライト)ヴァンパイアーの特殊能力は、その人が人間だった時から持ち合わせていた才能のある部分だったわ、でも、やっぱりベラが私は好き、彼女が一番だと思ってるの。彼女を演じられてとても嬉しいわ。(一同大歓声)



司会:エドワードとの関係も、このBreaking Dawn Part.2でより深いものとなります。ベラとエドワードが同じ体温になる、そんなところからも言えますが、Part 1 とPart 2、どのように違えて演じましたか?
Rob:今までの4本の映画でベラの一挙一動に驚かされながら来たけれど、最新作では、エドワードはもっと驚かされることになるんだ。2人は同じ生き物になる、と同時にお互いがもうちょっと分かり合える部分が増える、でも、最後の最後の気づきは驚くべきことだったけどね。あれは、本当に面白かった。原作で読んでいるから、ことがどう進むかわかっていても、身体的に痛めつけられるんじゃないとわかっていても、あのラストは、良い出来だったなぁ。


-
司会:そして、テイラー。ジェイコブの素晴らしい成長を4本の映画を通して見てきたわけですが、ヴァンパイアーとしてのベラに関して教えてください。
Taylor:僕にとっても、ジェイコブを通して体験するこの世界観、とても興味深かった。ジェイコブはベラに最終的に結びついていたんだということ、ずっと苦痛に感じたり感情的になったり。でもこの作品でやっと、彼は肩の荷が下りた感じがするんだ、今までよりももっと心が落ち着き、幸せを感じる、そんなジェイコブを演じられて嬉しいよ。僕個人的には、クリステンのヴァンパイアーを見るのはとても新鮮だったな。人間のベラをずっと演じてきた彼女だけど、ギアを切り替えてヴァンパイアーベラを演じる彼女の姿には圧倒されたよ。ファンの皆さんも、今の動画で見たとおりだけど、ホント、圧倒されたね。


(一同絶叫、照れるクリステン)


-
司会:それから、マッケンジー。レネズミはみんなが待ちに待った登場人物ですが、撮影現場でキャストのみんなと共に時間を過ごして、なにが一番の思い出ですか?
Mackenzie:いろいろ楽しいことをして過ごしたの。手遊びとか、おしゃべりとか(笑)、おしゃべりとか(笑)。でもキャストのみんなそれぞれクールなかっこいい人たちばかりなのよ。


Kristen:でも、マッケンジーの方がよっぽど(大人の私たちより)クールよ。
-
司会:それでは、どうでしょう、みなさんもう1本動画を見たいとは思いませんか?(大絶叫)
ステファニー、次の動画の紹介をお願いできませんか?
Stephenie:どうかしら、私、次の動画がどれか知らされていないの。(mina:大真面目に冗談です)
司会:そっかー、次の動画は、確か…じゃぁ、動画を流してみましょう。

Stephenie:次の動画は、原作Breaking Dawnの後半部分に含まれる部分です。(一同爆笑)
司会:そうかい、じゃぁ、クリステン頼むよ。


Kristen:次の動画は、チャーリーが初めて転生したベラに会うシーンよ。(一同大絶叫)その寸前のシーン。私が、どう人間らしく振る舞うか、とかそんなことをしているシーンよ。
司会:助かったよ。ありがとう。さて、見てみましょう。


(ロブがひそひそ声で、「なんで知ってるの?」とクリステンに尋ねると、「だって、さっき聞いてきたんだもん」とクリステン。)

(mina:動画のシーンは、この動画からカットされているので、後ほどテキストからおこします。)




Part.1ビデオの後半です。
(09:10)
−壇上に上がる、ピーター・ファシネリ−。
司会:そして、カレン家の女長、エリザベス・リーザー。
美しいロザリーを演じる、ニッキー・リード。
ベラの義理の兄弟になれて嬉しい、腕ずもう相手のエメット、ケラン・ラッツ。
ベラの親友のアリスを演じる、アシュリー・グリーン。
そして、みんなのお気に入りの南部出身ヴァンパイアー、ジャスパーこと、ジャクソン・ラスボーン。
ワオ、凄い熱狂だね。

-

司会:それでは、こちらから質問をしていきますね。そのあと、会場の皆さんからの質問タイムに移りたいと思います。
では、新しく加わったメンバーの皆さんに、この映画の旅路で一番心に残る思い出と言ったら、どんなことですか?
ピーターから順にお願いします。
Peter:(質問何だって?とひそひそ声)それは難しいなぁ、どれもいい思い出だからなぁ。この4年間は本当に素晴らしい旅路でしたが、そうだな、2つ。このようなファンイベントで、素晴らしいファンの皆さんと直接出会える機会があったこと、プレミアやコミコンで外でキャンプしてまでも待っててくれるファンの皆さんが僕らと一緒にいてくれること、(叫ぶファン)いや、僕の方が君たちに向かって叫びたいくらいだよ、ウ〜フゥ♪(一同笑)愛してるよ〜!それから、キャストのみんな。みんなと知り合って、お互いを分かり合っていく、なんだかみんなで色んなところを巡る旅をしているみたいだったよ。(会場の男性から、「もうわかったよ、家族を大事にしろよ」と野次。別のファンから「黙れ!」※ピーターの離婚報道の件) あれ?僕今非難に会ってる?
-
司会:今は、パネル会見の途中なんだ、別の機会に頼むよ。
Peter:このキャストとの絆、キャストは僕の家族のような存在になったね。
(また最初の男性から「さよーならー」と野次。司会「君、本気かい?」ムッとする、でも大人なピーター。クリステンが「Nick、そんなこと言わないでよ!」とフォロー)

-

司会:では、エリザベス。
Elizabeth:お気に入りのシーンの方が良いのかしら、それとも個人的な思い出?
司会:どちらでもいいよ。
Elizabeth:そうねー、思い出が沢山有り過ぎて、むずかしいわね。そうね、最初の映画は、一番楽しかったわ。ワイルドというか、まだこれからお互いを知っていくというか、伸びしろが未知数というか、と同時に、このヴァンパイアー映画がどう受け入れられていくか、怖くてドキドキって思いもあったわ。私とピーターが演じたシーンで私のお気に入りのシーンがあったんだけど、それが映画から削られてしまったの。(観客から、「でもDVDには入っているわよ」)あら、あれはDVDには入っているのね!
Peter:『トワイライト〜初恋〜』 のシーンでしょ?
Elizabeth:そう、私たちのちょっとラブラブなシーンよ。とても気に入っていたんだけど。でも、今こうやって動画を見せてもらったけど、私はこの動画も、映画もまだ見ていないんだけど、でも、こんなにリアルにクリステンが山猫を食べるシーンなんて、こんなリアルに表現されているとは思いもしなかったわ。信じられない!とてもすごいわ。

-

Nikki:彼女の後に話すのは、ちょっと気が引けるわ、とても上手に話すから。映画のシーンからお気に入りのシーンと言われるととても難しいわ。どれも私にとっては特別なシーンだから。でも、個人的な話となると、これもまた話すのは難しいんだけど、もう最後だと思うと感極まってしまうから。みんなが成長、人として人生を生きていく様子、それを見ていくのはとても面白かったわ。今丁度、ジャクソンと目が合ったから話題にするけど、私たち二人とも去年は個人的に素敵な出来事があったわよね、嬉しいわ。私たちみんな、この映画が始まった時はまだ子供だった、それが4年たってそれぞれ大人になり、それぞれの人生の途中を歩き始めている。でも、こうやってみんなで共有できるところから、羽ばたいて行ける、羽ばたく友達を見ていくのは、とても嬉しいことだわ。(一同拍手)
Kellan:僕は感動のさなかだよ、今のスピーチは素晴らしかった。
Nikki:ありがとう!じゃぁ、このキスチョコあげる。
Kellan:ラッキー!キスチョコじゃないけど、僕はこの素敵な「ワイフ」と共に…
Nikki:まぁ!私のダンナがここのどこかにいるはずよ!



Kellan:ポール(ニッキーのご主人)、愛してるよ!この映画を作る工程すべてがとても楽しかったし、有意義だったよ、夢のようなプロジェクトさ。この才能豊かなみんなと一緒に仕事ができてとても嬉しかったし、将来またみんなとどこかで仕事ができたら嬉しく思う。



Ashley:みんなの名スピーチの後に続くのはプレッシャーね。何か一つと選ぶのはとても難しいわ、このシリーズに関するすべての出来事がそれぞれとても素晴らしく楽しいものだったから。それを、この仲間、最後には家族とも思えるこの仲間と共に歩めたのは本当に嬉しいことだわ。毎回それぞれがとても楽しかったわ、一作一作を撮影し、ファンの皆さんとの交流、素晴らしいファンの皆さんに囲まれて、本当に良かった。

-

Jackson:
僕のお気に入りのシーンは、ヴァンパイアーになったジャスパーの人間時代を演じたところ、あの南北戦争時代のセットはとても面白かったし、時代物の衣装に、馬たち、個人的にとても嬉しかった。でもこのシリーズでこの素晴らしいキャスト、スタッフと共に仕事ができたこと。この素晴らしい原作シリーズ、世界中の何万人もの心を釘づけにしたこのシリーズを演じられてとても光栄に思っている。コミコンには僕は初登場なんだ、このファンの皆さんの光景、素晴らしく美しいね、最高だよ。ファンの皆さん、僕らを支えてくれて、本当にありがとう。ファンの皆さんには圧倒されるよ、ありがとう。





16分33秒のパネルディスカッション分部前半の紹介でした。引き続き、紹介されていたシーン動画の話題や、後半を随時紹介できればと思います。



(minaさん、ホントお疲れ様です♪)


| source [EatEditEtc] via [RPLife] Thanks | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.21 Saturday..Time- 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ロバート・パティンソンらComic Con 2013 記者会見フルチェキPart.3
―Full Breaking Dawn Part 2 Comic Con Press Conference - Part.3ー

Comic Con 2012 :映画「トワイライト・サーガPart.2」記者会見フル動画-part.2(3/3)

Comic Con 2012 での映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」記者会見全般に渡るの様子を、Clevver TVより3分割で配信された動画を使って紹介しています、いよいよラストPart.3です!

尚、このPart.3は部分的に既に紹介している箇所も含まれますが、その箇所もそのまま掲載しています。映像についてはアングルが異なっています。


Youtube ≫ Link ()


Full Breaking Dawn Part 2 Press Conference from Clevver TV - Part.3 (3/3)

ClevverTV:



Interviewer:トワイライトシリーズに関わって、あなたが、あのトワイライトの…と言われることに抵抗がありますか?他のプロジェクトに参加するのに、プラスになったことはありましたか?
Kristen:
こうやって肩書をもらったことによって、私たち、いろんな方面からお話がもらえるようになった、これはもう信じられないことよ。そして、特に原作ファンの皆さんから、気に留めてもらえるというのは、大きなお褒めの言葉をもらったことと受け取っているわ。誰かが私を「トワイライトの女の子」と呼んでくれるのも嬉しいわ。お願い、私のことをよーく覚えていてね!覚えていてもらえるということは、私が上手くやったということだと思う。そして、このシリーズの原作の大ファンであり、映画シリーズのファンの人から、「あなたがこの作品以外の作品に出演しているのをみるのは、なんだか本当に変な感じだわ」と言われるのも、これ以上の褒め言葉はないと思っているわ。そう、そうであって欲しいの!これは褒め言葉、私にとても大きな喜びを与えてくれるの。今後、大変なこともたくさんあるだろうと思うけれど、それも、とてもありがたいと思っている。チャレンジ精神、これは私のモットーよ。これからは、私が私らしくチャレンジすることができるのよ、誰かの言いなりになるのではなくね。


-
Interviewer:Breiking Dawn Part.1のセックスシーンは熱い雰囲気でした。マッケンジー、ごめんなさいね、耳をふさいでちょうだい。Breaking Dawn Part.2では、ヴァンパイアーのセックスが見られるでしょうか?
Kristen:
レイティングの問題よ、この場では話しにくいわね。だれかマッケンジーを外に出してちょうだい!(笑)Breaking Dawn Part.1では、夢のような、めくるめく(小声で)セックスが必要だったの。最初の経験はとてもスイートなものよ。あー、なんか言いにくいわ。(笑)新しい発見というか、このシリーズ通して下品なものは何もないのよ、だけど、(マッケンジーを前にとても発言しにくそうに苦笑)
Rob:クリステン、しっかり伝わるようにしゃべれ。
Kristen: (ロブに向かって)ちょっと口を挟まないでくれる!(放送禁止用語を使ったこともあり、一同笑)
だけど、Breaking Dawn Part.2では、ちょっと違うの。
Interviewer:マッケンジーの「罰金箱」はどこへ行ったかしら?
Kristen:もう貯まりすぎたから、病院が建ちそうだわ。
Rob:全くだよ、子どもの前でセックスの話をするなんて!
Kristen:でもBreaking Dawn Part.2では、もう人間ではないから、野性的なセックスをするの。(また詰まりながら…)さて、どんな仕上がりになっているでしょうね。いろいろ試したけど、それではR指定になってしまうと言われて。(ちぇっ。という感じで指をスナップするクリステン)
だから、そんな感じよ。


-
Interviewer:ステファニーさん、「The Host」について教えてください。続編となる二冊、三冊目の本の執筆は終わったのですか?こちらの作品でも、トワイライトのような三角関係の恋愛を描こうとしているのでしょうか?
Stephenie:
違うわ、「The Host」を書くことによって、私は頭の切り替えをしようとしていたの。ロマンティックな恋愛とは一味違ったものを書きたいと思っていたのよ。確かに、ロマンティックな恋愛もそこに書いたわ、だって私はそんなロマンティックな話を書くのも好きだし、そういう生き方を望んでいるの。本としては続編はまだすぐには出さないつもりよ。映画が公開になるまではね、とても美しい仕上がりなの、皆さんに見ていただくのを楽しみにしているわ。

-
Interviewer:みなさん、僕がトワイライトの最終章の最後のコミコンでのプレスの最後の質問をすること、とても誇りに思います。この映画に関わって、最も印象的な出来事はどんなことでしたか?
(三人:マッケンジー、君からどうぞ)
Mackenzie:私にとっては、すべてのシーンが特別でした。どの瞬間も、とても楽しく、とてもいい時間だったから。



Stephenie:ちょっと待ってね。ところであなたのあの「罰金箱」には最終的にいくら貯まったの?
Mackenzie:えー、本当に言わなくちゃダメ?
Stephenie:じゃぁ、私に耳打ちして。え!ホント?!そんなに! でも、私からは一銭もなかったわよね。
Mackenzie:そうよ。(ハイファイブ)それから、テイラーからも貰わなかったわよね〜。(ハイファイブ)
Kristen:テイラーすごいじゃない!
Stephenie:記念品、私はもらってきたわ。私は、撮影の最後の一週間がとても印象的だった。夜の結婚式シーンを撮影していたのだけれど、スタッフもキャストもみんな、とてもうまく進んで、これで撮影もおしまいだと、みんな思っていたのよね。ついに家に帰って、夜きちっと8時間睡眠が取れ、私は子供たちに会えるのを、とても楽しみにしていたわ。ついに撮影が終わるということはとても嬉しかったけれど、同時にとても寂しく思った、こうやってみんなと一緒にいる楽しい時間も終わってしまうのだから。ある時は、カレン族の家のガレージにみんなで集まって暖を取ったわ、そこがあの広くて寒い家の中で一番暖かい場所だったから。そこでみんなでくつろいでいたのよ。クリステンは、あの素敵なウェディングドレスに身を包み、みんなでキャンプ用の椅子に腰を下ろしくつろぎながら、ああ、もうじきこの撮影も終わってしまうんだなぁと内心思いながら、こうやってみんなで待ったりする時間を楽しみつつも、この時間がもう戻らないことをしんみり思っていたのね。あの時間、本当に思い出深いわ。



Kristen:私もあの時の事覚えているわ。そうね、多くの共に過ごした楽しい時間の中から一瞬を選ぶのは難しいけれど、結婚式関連のシーン、特にヴァージンロードを歩くシーンはとても感慨深かったわ。
Taylor:僕は、撮影が終わりに近づいたころ。スタッフが3週間前からカウントダウンを始めたんだ。それで「よし、これからの1分1秒を逃さないように、全部を自分のものにするんだ。この撮影もついに終わってしまうけれど、またきっとここへ戻ってきたくなってしまうに決まっているから。」って自分自身に言い聞かせたんだよ。
Kristen:そうだったわね、すべてを自分の心に残したいと思ったわね。



Taylor:僕らみんな本当に心底疲れていたんだ。7か月に渡る撮影だったからね、でも、疲労感なんかは忘れて、もう残り二週間、ついに一週間、それでも全部を心に刻んでおきたかった。多分、僕らみんな同じように思ったと思うな、僕は、そうやって過ごして本当に良かったと思っている。だから、撮影の最後の最後の瞬間まで、全部をよーく覚えているんだ。
Kristen:私とテイラーの最後のシーン撮影は、私の撮影終了の一週間前だったの、でも私その時までそのシーンがテイラーとの最後のシーンだって知らなかったの。テイラーったら、「これで最後さ、クリステン」なんて言ったのよ。「え〜!」まさか、この今撮影したシーンが最後のシーンだったなんて思いもしなかったから、とっさのことに本当に驚いてしまった。しかも、そのシーンはBreaking Dawn Part.1の中で私のお気に入りのシーンの一つ。結婚式シーンの撮影で既に感情が高ぶっていたから、なんだか本当に終わりなんだな、って実感しちゃったわ。あれはとても素敵だったわ。



Rob:僕は、記念に持ってきちゃった物品の事を思い浮かべていたんだ。(一同爆笑)ある時、ピーター(ファシネリ)がバイクを盗んでいった日の事、良く覚えているなぁ、あれはホント可笑しかった。
あー、また質問がなんだったか忘れちゃったよ。
Kristen:もう!だから、どの瞬間にこの作品が終わってしまうんだなって実感したか、ってことよ。
Rob:んー、それから、ブラジルへ行ったこと。「一体何事なんだ!この仕事をもう何年もしてきてついにボートに乗ってブラジルにまで来てしまった!全くどうなってるんだぁ!」って思っちゃったよ。
Kristen:まるでケネディー家の人々の様だったわよね。ホント信じられなかった。



Rob:それで、そのシーン撮影の時に、僕はボートをぶつけちゃったんだ、しかも5千人もの観客の前で。あれは、このトワイライトのクレイジーな旅の象徴の様だったなぁ。クリステンと僕は、水着で水の中へ入り、その様子を600人ものブラジルの兵隊にマシンガンとビデオカメラを構えて、ブラジルの熱帯雨林の中で見守られるなんて。その前で、キスしたり、滝を飛び込むフリをしたり。
Kristen:ロブは彼の白いお化粧(エドワードになるための白塗り)を私につけてしまわないように一生懸命だったわ。そして、私は(日に焼けた様子を表現するために肌に塗った)茶色いお化粧をロブにつけてしまわないように気を付けなくちゃいけなかった。でも、すぐそのお化粧が落ちてきちゃうのよ。「私たちどっちみち、最初から白いんだから、お化粧なんかいらないわよ!」って思ってしまったわよね。



Rob:あれは面倒だったなぁ。いや、でも面白かったよ。すべてが信じられないような出来事の連続だった!この長い年月の中、今までと変わらず6千人のファンの皆さんが僕らを前に絶叫してくれて、外で何日もキャンプして僕らの登場を待ってくれる、本当にクレイジーだよ。
司会:それでは、皆さん。今日はありがとうございました。



トワイライトとしてのComic Con 参加もラストとなるんですね。こうしてトワイライト最終章「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2」公開に向けた一つ一つが"ラスト"になっていく・・・なんだかいまからちょっぴり寂しさを感じます。いちシーン、いちシーンをファンとしても楽しみたいなと思います。

| source [ClevverTV] via [RPLife] Thanks | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| Comic Con 2012 //Robert Pattinson | Date of Japan @2012.07.17 Tuesday..Time- 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Supreme (07/12)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    adidas originals ultra boost (07/05)
  • ロバート・パティンソンのコメント紹介「Misson:Blacklist」現存する敏腕アメリカ軍サダム・フセイン取調官役
    nike air max (07/01)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    converse outlet (06/28)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    timberland shoes (06/19)
  • トワイライトのスピンアウト作品〜「ミッドナイト・サン」エドワード物語〜
    ecco sandals (06/08)
  • ヌードが最もセクシーな男性セレブ:ロバート・パティンソン2位(UK) @Movie__Walker @spunk-ransom
    Asics Running Shoes (05/30)
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    adidas eqt support (05/21)
  • カラーコンタクトのサンシティーと神戸にんにくや(阪急梅田店・あべの店)で映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.2』キャンペーン
    Longchamp Backpack (05/18)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    fila shoes (05/17)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ