Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

フセイン掃討作戦指揮官演じるロバート・パティンソン映画『ミッション・ブラックリスト』監督決定、9月末撮影開始か
'Mission: Blackilist' Update: New Director, Script Rewrite, Filming Schedule

ロバート・パティンソン映画『Mission: Blacklist』:新監督・新脚本家・撮影日程情報更新

ロバート・パティンソンが撮影予定の映画『Mission:Blacklist』の最新の情報をお知らせします。Deadlineによれば、『Mission: Blacklist』の監督にはJesper Ganslandt氏が、そして撮影は今秋には開始されるとのこと。Deadlineによる内容他、次のページで紹介します。
≫続きを読む See the rest after the jump≫
| ミッション:ブラックリスト//Mission: Blacklist 【9月撮影予定】 | Date of Japan @2013.07.15 Monday..Time- 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
フセイン掃討作戦指揮官エリック氏演じるロバート・パティンソン映画『Mission:Blacklist』撮影は8月か。
Mission: Blacklist Starts Filming In August

映画『Mission:Blacklist』最新の撮影情報

サダム・フセイン掃討作戦による一連の事件を指揮したといわれるエディック・マドックス氏自身の著書『Mission: Blacklist』映画化にロバート・パティンソンが参加することはすでにお知らせしていますが、ニュース情報番組News On6で紹介された、最新の情報をお知らせします。


Youtube ≫ Link


 mina (@3737mina37

この動画は、newson6にマドックス氏が最近出演した際のものです。エリック氏の動画インタビュー内容については、彼がどうやって尋問者になったのか、どんな風にサダム・フセインの居所を見つけたのか、という話が主になっているので動画から抜粋して映画情報のみを紹介しています。

News On6.com

さて、その実話が映画化されるという話が出ています。マドックス氏は、数年前に本を出版しましたがさほど話題にはなりませんでした、が、映画制作会社がすぐさま版権を得ました。
-
トワイライトで人気のロバート・パティンソンが、マドックス氏役にサインしたとのこと、 『バンド・オブ・ブラザース』の脚本家が担当するとのこと。
-
撮影は8月に始まる予定です。

News On6.com

Now, the story is about to go public in a very mainstream way. Maddox wrote a book a couple of years ago. You probably haven’t seen much of it, but a movie studio immediately bought the rights.
-
Robert Pattinson, of Twilight fame, has signed on to play Maddox, and the screenplay is being done by the writer behind “Band of Brothers”.
-
Shooting begins this August.


こちらはこの番組にエリック氏が出演した際のインタビュー(フル動画)を貼っておきます。英語OKの方はぜひチェックしてみてください。


Interview with Eric Maddox - 'Mission Blacklist... 投稿者 Only_Robert



| source [News On6.com] Youtube [spunkransompdts] Daily motion [Only_Robert] via [spunk-ransom] Thanks !| Translation mina (@3737mina37(C) Robert Pattinson Press-Japan |
| ミッション:ブラックリスト//Mission: Blacklist 【9月撮影予定】 | Date of Japan @2013.04.28 Sunday..Time- 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ロバート・パティンソン出演予定作『misson:blacklist』脚本家ディラン・カスマンへのインタビュー
New interview: Dylan Kussman – Misson: Blacklist’s screenwriter talks about the movie and Robert Pattinson

映画『misson:blacklist』出演予定ディラン・カスマンのインタビュー

ロバート・パティンソンが参加予定の新作映画『Misson:Blacklist』の最新の話題を紹介します。


K.A.(@Kamococoory)

フランスのファンサイトのひとつ、"ミッション:ブラックリスト/フランス"が、『ミッション:ブラックリスト』の脚本家 ディラン・カスマンへのインタビューをする機会を得て、内容を共有してくれることになりました。以下は、彼がロブと映画について語った部分です。
MissionBlacklist France
EXCLUSIF: Interview de Dylan Kussman, scénariste sur Mission Blacklist

『ミッション:ブラックリスト』でのあなたの仕事と、このプロジェクトに参加することになった経緯をおしえてください。
「ヘッドライターと製作総指揮のエリック・ジェンドレセンが僕に参加しないかと連絡をくれたんだ。その時、彼と共同脚本家のトレース・シーハンは、マドックス二等軍曹の書いた原作『ミッション:ブラックリスト#1』を映画化するという事に没頭していて、半ば煮詰まり、メインキャラクターとこの特異なストーリーを肉付けする新しい意見を探していたんだ。 この二人の熟練の尊敬する脚本家と一緒に活動する事も、血統書付きとでも言うようなストーリーを脚本化することも名誉な事だ。だから一瞬の迷いもなく快諾したよ。」
-
この作品、またこの題材を扱うという事はあなたにとって難しい事でしたか?
「個人的に一番大変だったのは、僕が参加し始める以前にエリックとトレースが集めていた膨大な調査資料を読み込み、自分のものにする事だった。既に形になりつつあった脚本の最初には、彼らが二等軍曹に行った数百ページに及ぶインタビューがあった。イラク戦争の話、バグダッドにおけるアメリカ兵の存在、サダム・フセイン没後のティクリートの話。大急ぎで読み進めたよ。でも、幸運な事に、読み始めてすぐに、この兵士の圧倒的に強烈な経験をドラマティックな映画に変換させるための、強力で明快な案を見つける事が出来た。驚くべき人物が、スクリーン上で魅力的な主役になるとは限らない。でも、僕達が脚本家として作り上げたものと、監督ジャン=ステファン・ソヴェールの指揮、加えてロバート・パティンソン演じる、恐れを知らない誠実さを持った勇ましい人物という組み合わせなら、問題無いよ。」
-
脚本に原作からどの部分を引用するか決めるために、エリック・マドックスと直に話をしましたか?
「エリック・マドックスと一緒に仕事をすることは、僕よりもエリック・ジェンドレセンと、トレース・シーハンの方が多かった。それにパティンソンも彼とはかなりの時間を過ごしてきたよ。マドックスに関する質問なら、僕よりも彼らの方が答えられるだろうね。」
-
話の中で、青いシャツが重要な役割を果たしていますよね。エリック・マドックスはオクラホマ大学で講演をした際に、ロバート・パティンソンがその青いシャツを着るだろうと話していました。あなたの脚本でもそのようになっていますか?
「エリック・マドックスはサダム・フセインの居場所を突き止めるために活動していた時、常に同じ青いオックスフォードシャツを着ていた。だから脚本でもマドックスの衣装に青いシャツを採用したよ。ロバートがマドックスが着ていたそのシャツを着るかどうかは、監督か俳優かマドックス軍曹に聞いてよ。」
-
キャスティング、撮影地に関する意見はしましたか?
「どちらも関わっていないよ。」
-
ロバート・パティンソンが主演をつとめる事に関して、どう思っていますか?
「ロバート・パティンソンについては嬉しい驚きだった。彼が参加すると決まった時、僕らはみんな興奮した。マドックス二等軍曹と一対一の長い時間を過ごして彼を知った上で、映画の中で彼を描く事を考えたら、ロバートは唯一の選択肢になったよ。」
-
まだ誰も知らない事で、この映画に関して何か教えてもらえる事はありますか?
「僕が言えるのは、この映画はいまだかつて見た事のないストーリーだということ。映画を通してマドックス二等軍曹の聡明さを経験することになる。彼は本当に聡明で、初めて原作を読んだ後に感じた畏敬の念は今も変わらないんだ。そして彼と彼の経験を映画化するという事に少しでも参加できたという事をとても誇りに思っているよ。」

MissionBlacklist France
EXCLUSIF: Interview de Dylan Kussman, scénariste sur Mission Blacklist

Q:Tell us about your work for Mission: Blacklist and how you ended up being a part of this project?
“I became involved with Mission: Blacklist when head writer and Executive Producer Erik Jendresen contacted me about contributing to the project. At the time, he and his co-writer Trace Sheehan were deeply immersed in adapting Staff Sergeant Maddox’s book, Mission: Black List #1, and were looking for an additional voice to help flesh out the main character and structure his remarkable story as a movie. It was an honor to be asked to collaborate with two such accomplished and well-respected writers, on a story with such an incredible pedigree, and I accepted without a moment’s hesitation.”
-
Q:Was it complicated for you to work on this book and, particularly, on this subject?
“The most challenging part about working on the project for me personally was absorbing the vast amount of research Erik and Trace had compiled before I came onboard. On top of the book itself, there were hundreds of pages of interviews they’d conducted with the Staff Sergeant, firsthand accounts of the Iraq War and of the American presence in Baghdad and Tikrit after Saddam’s fall — I had to get up to speed in a hurry. Once I’d gotten on top of the material, however, I was fortunately able to see a strong and clear contribution I could make towards rendering this soldier’s mind-bending ordeal into a piece of dramatic cinema. Incredible human beings don’t always make compelling onscreen protagonists, but between the work we’ve done as writers, Jean Stephane Sauvaire’s guiding hand as director, and Robert Pattinson’s committment to playing this inspiring figure with the fearless honesty for which he’s known, I don’t think that will be the case here.“
-
Q:Did you work directly with Eric Maddox to sort out what to take or not take from the book?
“Both Erik Jendresen and Trace Sheehan worked more directly with Eric Maddox than I did, and Mr. Pattinson has spent an extended amount of time with him at this point. They will be able to speak to your question better than me.“
-
Q:In the story, the blue shirt is very important and during a lecture in Oklahoma University, Eric Maddox said that Robert Pattinson will probably wear it, did you include it in your work?
“Eric Maddox wore the same blue oxford shirt throughout his intelligence effort to help locate Saddam Hussein, and we included that costume choice as part of Maddox’s character in the screenplay. Whether Robert will be wearing the actual shirt during the shoot is a question for the director, actor, and Staff Sergeant Maddox to answer.“
-
Q:Did you have a word in the castings? And in the choice for the place where it will be filmed?
“No, and no”
-
Q:What do you think of Robert Pattinson’s choice as the lead man?
“Robert Pattinson is a phenomenal choice. We were all thrilled when he came onboard. More importantly, after spending lengthy one-on-one time with Staff Sergeant Maddox, and getting Maddox’s personal blessing to portray him in the movie … he is the only choice.“
-
Q:What can you tell us (that nobody knows yet) about the movie or the project?
“All I can say is, you’ve never seen a story like this one, or experienced an intelligence, military or otherwise, like you will Staff Sergeant Maddox’s in this film. His is truly a remarkable mind; I remain as much in awe of it now as I was after I first read the book, and I remain very proud to have been a small part of the process of bringing the man and his story to the screen”



| source [MissionBlacklist France] via [RPLife][ToR] Thanks | Translation K.A.(@Kamococoory) (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| ミッション:ブラックリスト//Mission: Blacklist 【9月撮影予定】 | Date of Japan @2013.04.21 Sunday..Time- 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
フセイン掃討作戦実在指揮官エリック氏が映画『Mission: Blacklist』出演のロバート・パティンソンとの出会いと血のり?衣装語る
Eric Maddox talks about Mission: Blacklist and Robert Pattinson

エリック・マドックス氏が映画『Mission:Blacklist』について語る

3月28日付のThe Okrahoma Dailyに掲載された、ロバート・パティンソンがまもなく撮影するといわれている新作映画『Mission: Blacklist』で、彼が演じる実在人物エリック・マドックス氏による最近のインタビュー記事を紹介します。

ここでは、エリック・マドックス氏が映画『Mission:Blacklist』のキャスティングや、ロブとの面会、そして衣装について触れています。


The Okrahoma Daily
OU alumnus responsible for capture of Saddam Hussein returned to speak / March 28, 2013

尋問者であり作家でもあるオクラホマ大学出身のエリック・マドックスが、サダム・フセイン追跡/捕獲の過程、そしてオクラホマ大学の学生自治会 ”Oklahoma Memorial Union*s Moll Shi Boren Ballroom” で300人の人たちと対面した時のジレンマを語る。

その話は、彼の著書『Mission:Blacklist #1』でも語られており、マドックスを演じるロバート・パティンソン主演で映画化される。

「誰かが僕の話について映画を製作したいなんて、とてもエキサイティングだよ」と、マドックスは言う。

彼はすでにロブと会い、知り合いになったという。
「彼はいい奴だよ。彼の名前が上がってきた時、まったく聞いたことがない名前だったんだ。バンパイア映画に興味がないからね。彼が誰なのか知らなかったのさ。」と彼は語る。

彼が言うには、フセインを追跡している時には何か月も着替えをせず、同じ青いシャツしか着ていなかった。ビッグマウスが描いてあるベロクロ・ポケット付きのそのシャツには、血痕がついている。
「まだ(そのシャツは)とってあるよ。たぶん、ロブも映画でそのシャツを着るんじゃないかな」とマドックは言う。

アメリカ政府が機密扱いにしたかったため、マドックはこの話を書くのに5年間待つ必要があった。
「それ以降、アメリカ政府は僕に映画化するよう勧め、僕が誰で何をしたのか、公にしたがったんだ」と、マドックは言う。

The Okrahoma Daily
OU alumnus responsible for capture of Saddam Hussein returned to speak / March 28, 2013

Eric Maddox - interrogator, author and OU alumnus explained the process of finding and capturing Saddam Hussein and detailed the dilemmas he faced to about 300 people in Oklahoma Memorial Union’s Molly Shi Boren Ballroom.
(...)
This same story is encapsulated in his book, “Mission: Blacklist #1,” on which a movie will be based starring Robert Pattinson, who will play Maddox.
-
“Somebody wants to make a movie about my story - it’s very exciting,” Maddox said.
-
Maddox said he has already met and gotten to know Pattinson.
-
“He’s a great guy,” Maddox said. “When they brought his name up to me, I had never heard of him before. I don’t believe in vampire movies and stories. I just didn’t know who he was.”
-
Maddox said he wore a single blue shirt for months in his search for Hussein, with no other changes of clothes. The shirt has a bigmouth bass embossed on it, Velcro pockets and bloodstains.
-
“I’ve still got it [the shirt.] I think Rob is gonna wear it in the movie,” Maddox said.
-
Maddox had to wait five years to tell his story and write the book due to the U.S. government preferring to keep it classified, he said.
-
“Since then, the United States government wanted me to endorse the movie, and wanted me to say who I am and what I do,” he said.


この映画自体、個人的に興味ある内容なので、とても楽しみです。

アメリカ政府関与の作品だとするならばいろいろな意味でちょっと恐い気もしますね。映画化されれば、世界中で話題性としても注目されることは間違いありませんが、それと同時に彼の身の上も心配になってしまうのも事実です・・・。とはいえ、ロブファンとしてはロブが今まで避けていた軍事関連作品への主演参加とあって、興味は高まります。

| source [The Okrahoma Daily] | Translation nayu (C) Robert Pattinson Press-Japan |
| ミッション:ブラックリスト//Mission: Blacklist 【9月撮影予定】 | Date of Japan @2013.03.31 Sunday..Time- 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
映画『ミッション:ブラックリスト』ロバート・パティンソンが演じるサダム・フセイン掃討作戦指揮官エリック・マドックスと対面フォト(2012.11)
New/Old Photo of Rob and Eric Maddox, Mission: Blacklist, from November 2012

映画『ミッション:ブラックリスト』ロバート・パティンソンが演じるエリック・マドックスと対面フォト(2012.11)

今年4月から撮影開始といわれいてる、ロバート・パティンソン次回新作映画『Mission:Blacklist』に関する写真を紹介します。

この作品物語は、サダム・フセイン掃討作戦の実際の指揮とをったといわれる実在人物エリック・マドックスと、ロバート・パティンソンが昨年11月に対面した際のツーショット写真とのことです。撮影時期が心配されていましたが、とうとう撮影が始動しそうですね!

『ゼロ・ダーク・サーティー』の公開もあり、日本でも今後注目される作品となりそうです。ただ『Mission: Blacklist』が一国のプロパガンダ的な作品にならないことをちょっと危惧したりもしますが、役柄の上でもロブの新境地なので楽しみなところですね。エリック氏、ハンサムですが...恐い人であることには違いありません...

※年度末ということもあり、The Rover関連記事の紹介が遅れていましてごめんなさい。順次紹介予定です。


| source [25.media.tumblr.com][robertsspidermonkey.tumblr.com] via [@Blacklist_Film ][spunk-ransom] Thanks  |
|JUGEMテーマ:外国映画の男優Robert Pattinson
| ミッション:ブラックリスト//Mission: Blacklist 【9月撮影予定】 | Date of Japan @2013.03.17 Sunday..Time- 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • GUCCI CINEMA VISIONARIES (東京銀座) で「honeyee.com」&「.fatale」読者『コズモポリス』特別試写会
    Vans Slip On (12/08)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Goyard (11/19)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Adidas Ultra Boost (11/17)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Ralph Lauren Outlet (11/11)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Adidas Originals Ultra Boost (11/10)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Birkenstock (09/14)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Louboutin (09/01)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Yezzys (08/29)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Supreme (07/12)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    adidas originals ultra boost (07/05)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ