Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

ブレイク前に予見されていた未来のスター、ロバート・パティンソン&クリステン・スチュワート他
[Access Hollywood ‘Before they were stars’ – Robert Pattinson and Kristen Stewart]

アクセス・ハリウッド:現在大スターのロバート・パティンソ&クリステン・スチュワート、ブレイク前の彼らを紹介・・・ 

先日のアクセス・ハリウッドで、ロバート・パティンソとクリステン・スチュワートのブレイク前の初々しいころのインタビュー動画を紹介していたので、ぜひチェックしてみてくださいね。当時の大人たちはすでにこの二人が大スターになることを予見していた?!というものです。

Youtube≫Before They Were Stars: 'The Twilight Saga's' Robert Pattinson & Kristen Stewart.
※下に元のフラッシュ動画も貼っています。





Access Hollywood(AH):トワイライトシリーズのロバート・パティンソンとクリステン・スチュワートは、"トワイライト"出演前は、ストレス・フリーでした。Access Hollywood.comは、そんな彼らの昔を振り返ってみました。2002年、クリステンはデイビット・フリッチャー監督のサイコスリラー映画"パニック・ルーム"で、ジョディー・フォスターの娘役で注目を集めました。当時、彼女はたったの11歳。我々は、当時趣味だったサーフボードを買うために、彼女をショップへ連れて行き、話を聞きました。
Krisetn:両親にこの役をやっても良いか聞いたの。他にもたくさん候補はいたけど、両親は承諾してくれたわ。 役を得たときは、とっても驚いたわ。だって、大作だったから。
AH:当初、この映画にはニコール・キッドマンが出演予定でしたが、降板したのでジョディー・フォスターが変わりに主演しました。これは、クリステンにとって、パーフェクト・マッチだったようです。
Kristen:昔からよく、ジュディー・フォスターに似ているって言われていたの。私自身も彼女の大ファンだったし、尊敬していたから、彼女がこの映画に出演すると聞いたときは、とても興奮したわ。



Judy Hoster:クリステンはニコールの娘役で決まっていたけど、皮肉なことに私にそっくりなのよ、特に私の小さいころにね。例えば、振る舞い、性格、ストイックな感情とか。あと、集中力かしら。若い子には、珍しいわよね。だから、彼女との仕事はとても好きだったし、彼女の友人になれて、嬉しかったわ。
AH:ジュディーにも気に入られ、大作に出演することで、彼女の人生は大きく変わりました。
Kristen:学校の友人は私が学校を休んでいる理由を知らなかったの。親友だけに、映画の撮影を話していたの。だから、映画が公開されたとき....って学校で見られたのよ。奇妙な感じだったわ。



AH:次は、あの有名なロバート・パティンソン! 彼は、世界的に有名なシリーズ、ハリーポッターの主要メンバーでブレークしました。彼自身は、あまり心の準備が出来ていなかったようですが…
Rob:シリーズのほかの本も読んでみようとしたんだ。けど、無理だったよ(笑)。
AH:ロバートは素晴らしい共演者達と楽しい時間を過ごしたようですが、セットでは楽しいことばかりではなかったようです。
Rob:毎日、体中痣と擦り傷だらけになったよ。フェイクだと思っているから、実際に血が出るまで本当に怪我をしていることに気が付かないんだよ。あと、爪。そこらへんを這いずり回ってるから、爪の間に入るんだ。大変だったけど、楽しかったよ。それから、痣と擦り傷は良い演技をしている証拠だしね。 
AH:映画ではマイナーだけれども、キーパーソン役だった彼を、監督のマイク・ニューエルはその後の彼の運命を知っているかのようでした。
Q:あなたには、既に多くのファンがいますが、監督曰く、「ロブは、危険だろう?あまりにも格好良すぎる。ゴールデンボーイだよ。」
Rob:(大笑) わぉ 知らなかったよ。
Q:今度、彼を飲みに連れて行かなくては行けませんね。
Rob:たくさん奢らなきゃね。

AH:
彼らの若き日はファンの記憶に残りますが、トワイライトマニア達は、これからどうなるのか待ちきれないようです。Access Hollywoodはこれからも、ずっと彼らを見続けますよ。 




そういえばいつだったかロブへのどこかのインタビューで、トワイライトが終わったら注目される生活からもようやく開放されるというれしさ判明、寂しさはもとより、誰も取材に来てくれなくなるんじゃないか?なんていっていたことを思い出しますが、ぜひ今後の彼にも注目し続けてほしいなと思います♪

| source [accesshollywood] via [RobertPattinsonMoms][ToR] Thanks | Youtube []Translation nayu (C) Robert Pattinson Press-Japan |

[New/Old Interview Robert Pattinson Boston ]

Boston.com:ブレイキング・ドーン未公開画像流出に怒るロバート・パティンソン 

これは少し前にBoston.com電子版に紹介されたロバート・パティンソン映画「Water for Elephants」プロモートのインタビュー動画なんですが、その中で映画「ブレイキング・ドーン/トワイライト・サーガ」の未公開画像が公開前に流出してしまった件について少し触れているものです。

Youtube≫WFE interview Rob Pattinson Boston



―"Water for Elephants"のスターが、"トワイライト"最新作と"Breaking Dawn"写真の漏洩について語る―

Rob:これほど大掛かりなシリーズだと、様々な要因がある。多くの部署があるから、同じスタジオ内であっても、PRの部署などとは意見の相違があるだろうね。「何だって?」って感じにね。本当に起きるんだよ。 3作製作した後だから、もっとコントロール出来ると思うだろうけど、更に無力になるんだ。 今回はもう続編はないから、自分のベストの演技をクリエイティブな方法で求められる。とても、良いと思うよ。

―"
Water for Elephants"でジェイコブを演じることについて―

Rob:普通にグッドガイを演じるのは、難しいよね。 23~24歳、いや22歳だっけ? どっちでもいいや。 彼は、自分自身をよく知っているんだ。 善悪の線引きがハッキリしている。 そして、自分が信じていることに固執している。 自分の人生を揺るがすようなことがあったにも拘らず、信じられない程それは変わらないんだ。

―バンパイアのメイクアップについて―

Rob:トワイライトでは、あまりスマイルできないんだ。 だって、恐いことになるからね(笑)。1作目と比較すると、段々とスマイルする回数が減って、無表情になってるんだ(笑)。興味深いことに、ジーン・ブラックにメイクをして貰ってるけど、素晴らしいよ。 "Breaking Dawn"からお願いしてるけど、より色が明るくなって、良い状態になってるんだ。最新作では、何でも出来そうな感じだよ。 
 
―"Breaking Dawn"の写真の漏洩について―

Rob:どっかの大バカ野郎が、見せびらかすためにやったんだ。もし、売るんだったら、まだ理解できるさ。それなのに、僕らが8ヶ月掛けてやってきたことを台無しにしてくれたよ。周囲にパパラッチが居ないよう、細心の注意を払っていたんだ。携帯電話もチェックしていた。1人のハッキングしたバカ野郎のせいで…罰してやりたい気分だよぉ。 

この話は結局流出元が分かり何らかのお咎めがあったと記憶しています。これらのような未公開スチールなどはもとより、"情報"そのものが流出するといった犯罪めいた企業組織的なものもあって、この業界のみならず常にそういった危険性とそれを守る個人・企業の力というのが大切な財産を守る命綱になっている現実を垣間見るようです。もちろんこの事件については一個人が軽い気持で流出させたものということのようですので、私たち個人個人も心を引き締めなければならないと感じます。

| source [Boston.com] and Youtube [] Thanks | Translation nayu (C) Robert Pattinson Press-Japan |
|JUGEMテーマ:トワイライト ステファニー・メイヤーエンターテイメントRobert Pattinson
| More Interview translation | Date of Japan @2011.09.18 Sunday..Time- 01:28 | comments(0) | - | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
EL PALISのロバート・パティンソンのインタビュー"受け入れることを学ぶ"
[Robert Pattinson’s Interview with ElPais.com (France)]

エル・パリスのロバート・パティンソン、インタビュー記事

5月1日付、フランスのEL PAIS電信版に掲載された、ロバート・パティンソンのインタビューを紹介します。掲載はフランス語のため、ファンの方が英訳されたものを和訳しています。かなり長いので、時間のあるときにじっくりチェックしてみてくださいね。



ここから海までは、そう遠くはない。サンタモニカより先には何もないのだから。アメリカ大陸の最も西にある、ここカリフォルニアビーチも禁煙だ。若きハリウッドスターとしてロバート・パティンソンは、彼が好きなアメリカンスピリットでもある喫煙をしたくてしょうがないよう。 禁煙社会に対する、彼なりの小さな抵抗のサインだ。 同様の反抗心の表れでもある彼の有名なヘアスタイルに、この英国人俳優はまったく無頓着で、彼がナーバスであることを示している。 正直に言うと、パティンソンはここに居たくないのだ。インタビューを受けるのが得意ではないながら、他に選択肢はない。 彼は誘拐されたわけでもなく、ハリウッドが人質にとっているわけでもない。 彼は自分自身の名声による被害者なのだ。 熱烈なファン達が彼の足元にキスをするほど、トワイライトサーガのエドワード・クレンに逃げ場所はない。 喫煙もリラックスも然り。 彼の新たなる人生初でもある最新作"Water for Elephants"を撮影中、彼はロスで6回ホテルを変える必要があった。 彼が我が儘な訳ではなく、迷惑を被ることなく部屋に入ることも出来なかったからだ。 「招待もなく、誰かが勝手に家に侵入してくる心配がない家を持つのが夢なんだ」と、本当のバンパイアのように彼は言う。 2008年に名声を得て以来、彼はスーツケースで生活をしている。 捨て鉢になりながら、彼は笑顔でこう言う、幸せな人生だと。Vanity Fairによると、彼はハリウッドで最も重要な15人の1人で、2010年には27,500,000ドルを稼いだ。 サーガ一作目は、世界中で1,100,000,000ドルを売り上げた。 まだ、公開予定のものもある。 全てに価値があるように、パティンソンは自分自身に高い値段を付けた。 もしくは、そう伝えられている。 例えば、世界で最も望まれている男性に選ばれるなど。 「達成感には素晴らしい価値があるよ」と、少しばかり皮肉をこめながら、イギリスアクセントで言いう。 「達成するまでに多くの努力をした」、とニッコリ笑いながら話す。 「こればかりは、どうにも出来ないよ。 賞や批評と同じように、僕らはこういうものに囲まれているんだ。」 彼が言う「僕ら」はハリウッドであり、私達が今いるFarimount Miramarではない。 「Baredemから以前聞いたけど、色々な賞を貰うが危険なところは、それを信じ始めてしまうことだ」と、彼は断言する。   



彼はあまり自分のことを深く考えるタイプではないようだ。彼に名声をもたらしたバンパイアー役の、自分の存在の価値や、情熱と禁欲、生と死の間を悩むタイプとはかけ離れたタイプ、普段はもっとお茶らけた、ジョークを楽しむ愉快な人間だ。パティンソン自身からあの役を思い起こさせるのは、美、真っ白な肌、魅力的な唇、深い眼差し、そして自らは進んでは見せたがらない引き締まった体だ。「普段の僕ならハンバーガーを毎日食べ続けているよ。」と、目には見えない体の脂肪について話す。5月13日で25歳になる彼のただひとつの欠点と言えば、完璧すぎるということだろうか。エドワード・カレンの様に。それは、実はとてもこれからの真剣な悩みなのだ。なぜなら、、映画化では2部構成となったが、一大旋風を巻き起こし、ポップカルチャーとしての地位とノベルティー商戦で引っ張りだこのトワイライトが、最終章を迎える今、「では、次の一歩は?」と聞くと、彼は肩をすくめる。

 
その答えはまず、リース・ウィザースプーンとクリストフ・ウォルツとの共演の「Water For Elephants」。サラ・グルーエン原作の米国の大恐慌時代を描いた物語だ。彼は、両親の突然の死によって何もかも失い、学業さえも諦めなければならなくなった獣医科の学生ジェイコブを演じる。ジェイコブは、移動サーカスの動物の面倒をみる仕事を引き受け、サーカスのオーナー(ウォルツ)の妻である マーレーナ(ウィザースプーン)と恋に落ちる。「この映画をやりたいと思った理由は沢山あった。トワイライトの撮影(Breaking Dawn Part 1)から帰ったばかりで、新しい空気を吸いたい気分だったんだ。例えば、5人くらいのメイクアップアーティストがすぐさまタッチアップに押し寄せないような環境とか。エドワードの様に難しい顔をしてる僕なんてカブキ役者みたいだよ。そして、リースとクリストフの様なオスカー経験者と共演できるなんて。最高の俳優を仕事を出来るチャンスに恵まれ、僕だけがまだあの金の像をもっていない。」そして、彼は話題が変わることを予感した様だ、共演者の話と言えば 徐々にトワイライトでベラを演じる共演者クリステン・スチュアートの話しに行ってしまうのではないかと。ところが、彼の新しい共演者、ハリウッドで最も有名な象の タイの話だ。 「僕は、象を理解するのは思ったより得意みたいだ。僕のファンの思っていることはなかなか理解できないのに。」と笑いながら言う。彼が願わずとも、クリステンの話題に時には自然に、そう彼の人生のほとんどが彼女に占められているように、向いてしまうようだ。 「人々は本当のことにはあまり関心を持たないようだ。人の人生に少しくらい謎なところがあっても良いと思うんだけど。人々は僕が思うよりもっと僕が自分のことをさらけ出していないと思っているみたいだ。」と彼はやんわりと本音を漏らす。なぜはっきりと言わないのか。 「だって火に油を注ぎたくないだろ?ゴシップ誌に載っていることが限りなく真実に近くて、君がその渦中にいたら、もうそれで君は話題の中心だよ。」
 
パティンソンは無名時代はあまり映画の事や名が売れることなどはあまり考えなかったという。そんな無名だった彼は、ハリー・ポッターシリーズの ストーリに大きくかかわるものの 端役ですぐに死んでしまうセドリック・ディゴリー役を引き受けた。役があまりにも短い人生だったお陰か、彼は人々の記憶にしっかりと印象付いた、残念ながら新しいジェームス・ディーンとか新しいジュード・ロウとか言う比較も付いたが。パティンソンが、ハリウッドはそれ程魅力的ではないと英国への帰国を決意した頃、トワイライトが大ブレイクした。 「僕がロサンゼルスに来た頃は、まだしばらく職もなくて、仕方なく キャスティングディレクターに、ロンドンのロイヤルアカデミーのドラマ部門の出身だなんて言っちゃおうかと思っていたよ。」と思い出を語る。そんな彼に成功と知名度は突然やってきた。 「あんな掘り出し物はなかなかいないものよ。底辺をうろうろするような人と一緒にはなりたくないから。(※ジョークです)」と彼やスチュワートの新しい人生を切り開いたキャサリン・ハードウィック監督は語る。彼女はステファニー・メイヤー原作の一連のシリーズの映画化にもう関わっていないのだが、 「多くが私もトワイライトの産物のひとつだって思っているようよ。私は演じた俳優ではないのだけれどね。」



大きな社会現象になったのは彼が初めてではない。あまりにも早い大成功。クリストファー・アトキンズの「青い珊瑚礁」には勝らない。もっと最近の俳優で言えば、ザック・エフロンのハイスクール・ミュージカルでの大ブーム。この現象に耐えきることは可能なのだ。タイタニック後にパティンソン同様の状態になったレオナルド・ディカプリオがそれを証明している。タイタニックの大スターだった当時、彼はオスカー賞に惑わされることなく、低収入だった「ザ・ビーチ」などに出演。今ではプロデューサーをこなし、尊敬するマーティン・スコセッシのロバートデニーロに次ぐミューズともなる、業界上のトップスターに登り詰めた。近いところで言えば、ハリーポッター時代の仲間、ダニエル・ラドクリフ。彼もブロードウェイの舞台「Equus」で脱却をと裸体を披露。Daniel:「こんなのって想像できないよ。人々がショーの最中に僕の写真をカシャカシャ撮ってるのが想像できる。エネルギーが奪われる感じさ。劇場内じゃ逃げることもできないんだからね。」
 
このような事情もあり、Water For Elephantsはロバートにとって重要な意味を持つ。報酬では、トワイライトで受け取っていた11億円から、今回は1億円まで下げている。それでも、今まで彼の脱却計画は全く効いていない。リメンバー・ミーの興行収入はかろうじて50万ドルを超えたものの、サルバドール・ダリを演じた「Little Ashes」は記録さえされなかった。死後にもまた人生があるように、ロバートはトワイライト後に数々の映画を控えている。:モーパッサンの「Bel Ami」、クローネンバーグが監督を務めるドン・デリーロの「コズモポリス」だ。Rob:「楽しみだよ。素晴らしいキャストで構成された素晴らしい脚本。このまま素晴らしい作品になるのを期待するのみだね。」
 
彼には脱却にもう一つのアイデアがある。また彼は俳優であること(スターであること、と我々は彼に訂正した。)で最悪なのは、いつも誰かにガードされなければならない点だと強調する。彼はリスクを冒してみたいのだ。事実、会話をする中で、業界上妙なキャラで知られるチャーリーシーン、ホアキン・フェニックスへの彼の尊敬が覗えた。タバコが唯一の悪癖であるような人からすれば、彼のリスクは芸術的な冒険にすぎない。リリアン・ヘルマンの引用文を使って脚本を書きたいという思い( 「内緒のはずだったのに。。」とぼやくロバート。」、ディカプリオのように、より役の調整が効くプロデューサーになりたいという思いだ。
 


時間はある。彼の成長を見守って来たトワイライト・シリーズは2012年まで続き、見所はこれからだと言う。 「残りの二部作は他の作品とは異なるものだ。原作もそうだから。」ブレーキング・ドーンについてこう語る。 「とても変わっていて、生々しいシーンが多い。監督のビル・コンドンは、ホラー作品でキャリアをスタートさせることが出来て光栄だと繰り返し言ってる。居心地が良いようだ。」パティンソンは疲れて見える。彼の情熱は「Water for Elephants」を語る時とは異なる。だが、彼はどの役に対しても同様に責任を負っているのは明らかだ。 「ただ上手くやって行こうとするのではなく、受け入れることを学ばなければいけない。」彼が味わう名声についてこう語る。 「もし仕事を続けたかったら、同時に全てを受け入れなければ。」彼には時間が必要だ。数年先のことを考えてみる。トワイライトのヴァンパイアと彼を呼ぶインタビューが無くなるまで。彼をスターダムに押し上げた現象が何であるのか解るまで。イメージや作品を自分でコントロールすることが出来るまで。パパラッチに悩まされることなく快適に家で過ごせるまで。 「時間はあっという間に過ぎる。得にこの業界ではね。」彼は今まで通り仕事をこなし続けるだろう、ヴァンパイア・エドワード・カレン役からずっとそうしているように。物語の主人公のように、パティンソンは新しい人生を生きる。彼が不死身か否かはまだわからない。

どこまでが本当の彼の言葉かは分かりません。それでも、そこここに、彼の言葉が確かに織り込まれているようにも感じます。遠い異国で応援をしていると、母国や本拠地での人気が高くないとやっぱり情報が乏しくなり、ましてや我が国で彼の作品を観ることが出来るチャンスも訪れません。そう思うと、ファンのエゴと、彼の進む道の先に接点がなくなってしまうのではという寂しさもちょっぴり感じてしまう、そんな切なさと常に背中合わせ。でも彼が進んでいきたいという道を、応援していたいなと思います。

| source [EL PALIS] and English translation [Letmesign] via [RPLife][ToR] Thanks !| Translation nayu ,mina,risa and cat (C) Robert Pattinson Press-Japan |
|JUGEMテーマ:外国映画の男優:Robert Pattinson

English text is published on the next page.
≫続きを読む See the rest after the jump≫
| More Interview translation | Date of Japan @2011.05.08 Sunday..Time- 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
USA TODAYのロバート・パティンソン関連記事,WFEとBreaking Dawn
[USA Today: Robert Pattinson talks about ‘Water for Elephants’ and ‘Breaking Dawn’ ]

USA Today電子版、ロバート・パティンソンのコメント記事紹介―usa today :march 24,2011

24日付で"USA TODAY"電子版に掲載された、ロバート・パティンソン関連の記事を紹介します。内容は映画「Water For Elephants」、「Breaking Dawn」を含みます。



USA Todayより-

ライオンやトラや熊たち!! (すごいでしょ!) これらはCGIではなく、本物と動物達でロバート・パティンソンの新しいサーカス映画"Water for Elephants"、共演はリース・ウィザースプーン、に出演しています。(公開は4月22日) しかし、多くの道化達がうろついている1930年代のセットで、パティンソンが一番恐れている動物を聞いても、信じられないでしょう。

なぜなら、それは馬だからです。

ライオンのケージに肉を投げ込むより恐い? 「馬に蹴られたことがあるんだ。とても恐かったよ」とPatzはUSA Todayのアンドレア・マンデルに語りました。 「それは本当に一瞬の出来事だったんだ、大きな馬だったし… お陰で未だに馬は恐いんだ。馬に乗る必要がなくて本当に良かったよ。乗馬も得意じゃないからね。」

バンクーバーでの"Breaking Dawn"撮影時の休み中、彼はエドワード・カレンの秘密も幾つか教えてくれました。「今のところ、とても独創的だよ」と、彼は言います。 「今までの作品とはまったく異なる出来だよ。時々"これがどうしたらPG13になるんだ?"って思う時があるよ。」と笑いながら話しました。 「とても馬鹿げてるけどね。」

もし、トワイライト4作目を読んでいなかったら、ここから先は読まないように。
パティンソンは、スチュワートと出産シーンの撮影を済ませたことを認め、笑いながら撮影が 「とても面白いもの」だったと言います。

彼が言うには、 「彼女はこの妊娠スーツみたいなのをいつも着てなくちゃいけなかった。それは、たぶんとても彼女には迷惑だっただろうね。ベラを見たときに感じる違いはそれくらいかな。」
「たくさんの情報は言えないけど、少しだけならね。特に終わりに近づいてるからね。彼女は、今までの作品と比べたら全く違うよ」と、彼は言います。 「何て言うか、全くの別人なんだ、カッコいいよね。 全く違うんだよ。たぶん、僕らの中で一番バンパイアらしいんじゃないかな。」どういう意味でしょうか? 「僕達はまるで別の星から来たみたいだろ」と、パティンソンは言います。 「彼女は、たぶん一番小柄なんだけど、バンパイアが似合うんだ。」

次回は"Breaking Dawn"の結婚式のシーンが4月に予定されています。 「これまた難しいシーンだね」と彼は教えてくれました。もちろん、多くのパパラッチがベラとエドワードが結婚式を挙げているところを撮るチャンスを狙っていることでしょう。 「今までバンクーバーで人が来て、写真を撮ったりするのはOKだったよ」と、言います。 「きっと、結婚式のシーンは、パパラッチが空から降ってくるようなすごい事になるだろうな。」もちろん、大金を狙って。


| source [USA TODAY] via [PattinsonLadies][ToR] Thanks | Translation nayu (C) Robert Pattinson Press-japan (clara-press-project)|
|JUGEMテーマ:Robert Pattinson|

English text is published on the next page.
≫続きを読む See the rest after the jump≫
| More Interview translation | Date of Japan @2011.03.27 Sunday..Time- 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ロバート・パティンソンのインタビュー、ロシア版「ELLE」誌より
[Magazin:Robert Pattinson in Elle Russia]

ロシア版"ELLE"誌のロバート・パティンソンへのインタビュー

ロシア版の雑誌「ELLE」最新版に掲載された、ロバート・パティンソンへのインタビュー記事を紹介します。ちょっと遅くなってしまいました。ロシア語→英語→日本語で訳しています。



「トワイライト」から「Water For Elephants」へ・・・世界で一番魅力的なヴァンパイア、ロバート・パティンソンがGalina Galkiaと話しました。
 
Q:パートナーの象のタイと出会った直後に、「Water for Elephants」への出演を決めたと聞いていますが、タイはどうやってあなたを虜にしたのかしら。
Rob:トレーナーが僕に聞いたんだ。「彼女の芸が見たい?」って。タイは馬、それからニワトリのマネをすることが出来るって言うんだ。トレイナーが馬になるように言うと、彼女は「Frrrr!」と言う音を出す。どうやったら象にこんな事させられるんだろう。ボール遊びもできて、前脚で立つことだってできる。それから「なんて素晴らしい動物なんだ!彼女と共演できて本当にラッキーだ!」と思うようになった。
 
Q:ペットを飼ってる?
Rob:18年間犬を飼ってたよ。2年前に死んでしまったけど。また犬を飼い始めた。2日前、いや、3日前に買ったばかりなんだ。
 
Q:そうなの?犬種は?
Rob:小さな子犬だよ、雑種の。シェルター(動物保護施設)から貰ってきたんだ。今日にでも処分されていたかもしれない。でも、今は僕の犬だよ。
 
Q:何才なの?夜に鳴いたりする?
Rob:6ヶ月。とっても静かなんだ。何にも言わない。これ、凄く変だよね(笑)。
 
Q:小さい頃、なりたかったものは?
Rob:若い頃はピアニストになりたかったな。でも、段々政治に興味が出てきて、これが僕のやりたかったものだとわかった。結局、俳優になることにした(笑)。
 
Q:欲しかった才能は?
Rob:踊り方。ダンスが本当に苦手なんだ。
 
Q:子供の頃のあだ名は?
Rob:無かったんだ。皆、僕の名前で呼んでたよ。
 
Q:リースはあなたとキスができてラッキーだったと言っています。実生活であなたを誘惑できるのはどんな女性?
Rob:スマートで、才能があって、志が高い女の子なら、チャンスがあるよ(笑)。いつもそんな子が好きなんだ。
 
Q:自分のことを美しいと思う?
Rob:自分を特に美しいとは思わないよ!(笑)
 
Q:自分を3語で表すとしたら?
Rob:Oh, God! (笑)そうだな、I don't know(わからない)。 そう!I don't know. これ
3語だよね(笑)。
 
Q:一度に何人かの女の子とデートしたことある?
Rob:実生活で?
 
Q:そう、実生活で。
Rob:いいや、ないと思う。
 
Q:サーカスが苦手な人って沢山いるわよね。苦手なものはある?あなたが怖いものって何?
Rob:溺れること。水に潜ることが耐えられないんだ。
 
Q:泳げる?
Rob:(笑)下手くそなんだ。上手く泳げるようになりたいとも思わない。
 
Q:「トワイライト」と「Water For Elephants」の間に髪の色を変えたわよね。次はどんなことに挑戦してみたい?
Rob:とっても太った役を演じてみたい。役のために太ってみたいな。カッコいいだろ!(笑)でも、結局体重を落とせなくて、死ぬまで太ったままかもしれないと考えると恐ろしいな。
 
Q:ダイエットしたことある?
Rob:イエス(笑)。ひどかったな。もうすぐダイエットしなくては。上半身裸のシーンがあるから(笑)。
 
Q:ヴァニティ・フェアでリース・ウィザースプーンの息子を演じたと聞いたけど。
Rob:ああ。最初の役だよ。
 
Q:面白い!だって今、彼女の恋人を演じているわけでしょ?このペースだとまもなく彼女はあなたの娘役になっちゃうわ!
Rob: (笑)そして僕は・・・彼女の母親だ!
 
Q:リースは、あなたがセットで良く笑っていたと言います。一番最近笑ったのはいつ?
Rob: 「トワイライト」の最終章を撮っていた時、闘うシーンがあったんだ。まだ目に焼き付いているよ、彼がどんなに面白い動きをしたのか(椅子に座ったまま、その時の様子を見せようとする)。チャーリー・ブューリーが大きなマントを羽織っていて、そのマントを脱ぎ捨てるのに時間がかかったんだ。僕が話すと面白く聞こえないかもしれないけど、実際見ると絶対に笑うよ。
 
Q:映画以外で実際、最後にケンカしたのはいつ?
Rob:20か21歳くらいの時。とっても変なんだ(笑) 友達5人と一緒にいた時、男がやって来て、僕から何かを盗ろうするんだ。僕は「何してるんだ!」って言った(笑)。お互いに殴り合って、それだけ。終わり。
 
Q:「Water For Elephants」の冒頭シーンでは、ジェイコブは90歳で、擁護施設で暮らしていますね。70年とは言わないけど、30年後に何をしていると思う?
Rob:30年後と言うと54歳だよね。分からないな。
 
Q:そう、若い時って時間が飛ぶように過ぎるのよね。世界の終わりについて様々なことが言われているけど、どう思う?
Rob:僕がその時まだ生きていたら、その脅威について考えるだろうな。それから他の惑星に引っ越すんだ(笑)。他の惑星に住んでみたいな。でも実際、世界の終わりじゃなくても良い訳だから、起こらないことを祈るよ。
 
Q:いつも、クリステン・スチュワートやリース・ウィザースプーン、エマ・ワトソンとのロマンスの噂が囁かれているわよね。女優やシンガーとの恋の噂が自分の耳に入るって良いことかしら?
Rob:うーん・・・何にも良いこと無いな(笑)。今誰かとの面白い噂話を思い出しているところなんだけど、何も出てこない。恐らくえーっと・・・だめだ、思い出せない。ごめん。
 


|Scans and English translation [ firefoxyk at Pattinsonlife ]via[ RPLife ][ToR] Thanks | Translation cat (C) Robert Pattinson Press-Japan (clara-press-project)|JUGEMテーマ:Robert Pattinson|

 English text is published on the next page.
≫続きを読む See the rest after the jump≫
| More Interview translation | Date of Japan @2011.03.26 Saturday..Time- 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
サプライズは3日のFM生出演だったロバート・パティンソン,4つの思うこと
[MTV: 4 Things We’ve Learned From Robert Pattinson’s Interview With Ryan Seacrest]

MTV記事より,ライアン・シークレストのラジオ番組に出演したロバート・パティンソンの4つ思い―MTV hollywood crush : by Emily Exton in Movie News : march 3,2011  

さて、こちらでリアルタイムにお知らせが出来なかった、MTVのジョシュが告知していたトワイライト・ファンへのサプライズ、なんとそれはロバート・パティンソンがLAのKiss-FM番組に生出演したことでした。2〜3日深夜の出来事で、お知らせできずにごめんなさい。ライアン・シークレストのラジオ生番組出演音声はリアルタイムで音声データが公開されているんですがかなり長いので、まずはMTVがチョイスした4の話題を紹介しますね。



人里離れたカナダの地で泥にまみれ、「ブレーキング・ドーン」のキャストやクルーと格闘する中、ロバート・パティンソンは今朝、ライアン・シークレストのラジオ番組に電話で出演してくれました。RPatzはクスクス笑いながら(ライアンも応対し易かったのでは)、リース・ウィザースプーンと共演の近日公開作品「Water for Elephants」と、期待の高まる「ブレーキング・ドーン」について、いくつか詳細を明らかにしてくれました:
 
ヴァニティ・フェア誌の表紙からは、はっきりわかりませんが、ロバートは動物が好き(アニマル・ラバー)です。彼は「Water for Elephants」の中で共演した象のTaiとかなり親しくなったようです。
「象たちはぜひとも共演を願う、とっても洗練された優しい生き物だよ。」ライアンに話します。「初めて会った日に、Taiは彼女の口へ僕を運んでくれた。その時なんて利口で素晴らしい動物なんだと気付いたんだ。」
 
彼は歴史に忠実なことを好むようで、大恐慌時代の彼の役どころについてリサーチしました。
「壮大でクラッシックなラブ・ストーリだよ。1930年代に設定、僕とリース・ウィザースプーンは恋人同士なんだ。とってもスィート。」彼は言います。「この時代のドキュメンタリー作品を山ほど観たけど、話の主軸となる(サラ・グルーエンの)小説が史実に基づいてる。プロダクション・デザイナーのジャック・フィスク、彼のセットは素晴らしい。それからコスチューム・デザイナーも。本に描かれていることを忠実に再現してる。」
 
彼が「Water for Elephants」のジェイコブ役を受けた時、チーム・エドワードファンは不安になりました。待ってください、あの”ジェイコブ”ではありません。「面白いよね。最初に(台本を)読んで真っ先に頭に浮かんだよ。」ロバートは笑います。「彼はポーランド人のジェイコブ・ヤコブスキ。今までの役柄とは若干異なる。「トワイライト」とは全く違う。」
 
今も変わらず過度にメディアから注目を浴び続けていますが、彼はキャリアに満足しているそうです。「今までやって来たことに満足してる。仕事を続けられて、ハッピーでいられて。一番大事なことだよね。」彼は言います。
 
残念ですが、ロバートは「ブレーキング・ドーン」のセットについて詳しくは語ってくれませんでした。ですが、カナダの広大な土地で隔離されている間、他のキャストメンバーは居なかったとの噂です。 「スタッフに対して厳戒態勢をとってるけど、外出は出来ると思う。」彼は笑います。「ブレーキング・ドーン」の撮影は4月22日に行われる「Water for Elephants」のプレミアまで続きます。今後2ヶ月、ロブは忙しい日々を送るでしょう。
 
From MTV:
Braving the mud hills of his obscure Canadian location and risking getting beaten by members of the “Breaking Dawn” cast and crew, Robert Pattinson took time to call intoRyan Seacrest’s radio show this morning for a brief chat. RPattz was surprisingly giggly (but to be honest, Ryan lends himself to that sort of response) and divulged a few details about his upcoming release, “Water for Elephants” withReese Witherspoon, and the highly anticipated “Breaking Dawn.” Here’s what we learned:

As if this wasn’t clear from the currentVanity Fair cover, he’s an animal lover. Robert formed a close relationship with Tai, one of the elephants featured in “Water for Elephants.” “They’re the most sophisticated, gentle creatures you could possibly hope to work with,” he told Ryan. “I got carried around in her mouth the first day I met [Tai] and you suddenly realize how incredible they are.”

Historical accuracy is so important to him, he even researched for his role in the Great Depression-era film.“It’s a big, beautiful old-fashioned love story, set in the ’30s with me and Reese Witherspoon playing lovers. It’s very sweet,” he explained. “I watched a bunch of documentaries, but the main thing is the [Sara Gruen] novel it’s based on is very historically accurate. Jack Fisk, who’s the production designer, his sets were so incredibly authentic, and the costume designer and everything, it’s an incredibly true to life adaptation of the book.”

Team Edward fans made him nervous about taking on the “Water for Elephants” character of Jacob.Wait a second, not that Jacob. “It’s quite funny, as soon as I read [the script] that was one of my main concerns,” Robert laughed. “I think the fact that he’s Polish—Jacob Jankowski—takes away from [the similarities] a little bit. It’s very different from ‘Twilight.’”

Despite the constant buzz of media attention, he’s content with where he is in his career.
“I’m pretty happy with the way things have gone. I mean, I stayed working, stayed pretty happy. I think that’s the most you can ask for,” he said.

Sadly, Robert remained mum on details from the “Breaking Dawn” set, but did set the rumor straight that his fellow cast members are not on lockdown while secluded in “the middle of nowhere” Canada. “They’re being super-secretive about all the stuff on this one but I think I can get out of my room,” he laughed. But the next two months won’t allow Rob much time for anything else, as “Breaking Dawn” continues filming until the premiere of “Water for Elephants” on April 22.
音声データの翻訳については追々紹介できたらな・・・と思います。何より嬉しいのは、編集されていない生の声で「今までやってきたことに満足している。仕事を続けられて、ハッピーでいられて・・・」と語っていたことでした。環境は違っても私たちは皆、それぞれ厳しい現実を生きているわけですが、しあわせを感じて生きる・・大人になるほどに難しいものだったりします。そんな中にあって、しあわせを感じて仕事に邁進してくれる彼の姿は、ホント、頼もしいですね。

| source [MTV] via [ToR] Thanks | Translation cat (C) Robert Pattinson Press-Japan (clara-press-project)|
|JUGEMテーマ:Robert Pattinson|
| More Interview translation | Date of Japan @2011.03.05 Saturday..Time- 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • GUCCI CINEMA VISIONARIES (東京銀座) で「honeyee.com」&「.fatale」読者『コズモポリス』特別試写会
    Vans Slip On (12/08)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Goyard (11/19)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Adidas Ultra Boost (11/17)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Ralph Lauren Outlet (11/11)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Adidas Originals Ultra Boost (11/10)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Birkenstock (09/14)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Louboutin (09/01)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    Yezzys (08/29)
  • 映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart.1」究極のウエディングドレスのプレゼントキャンペーンのドレス写真
    Supreme (07/12)
  • この秋展開予定のロバート・パティンソン、Dior Hommeの新スチールと商品紹介
    adidas originals ultra boost (07/05)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ